あんしん 保証 パック with applecare services。 「あんしん保証パック with AppleCare Services」内容変更のご案内

【ソフトバンク】入った方が良い?iPhone専用のあんしん保証パックwith AppleCare Servicesの解説

あんしん 保証 パック with applecare services

目次-必要な所だけクリックして見て下さい-• 保護フィルムとケースをつけておけば保証サービスは不要! 結論から申し上げますと、 『保証サービス』は必要ありません。 不要です。 理由は2つあります。 理由1. 保護フィルムとケースをつけておけば壊れない 理由の一つ目は単純明快、 保護フィルムとケースを付けておけば壊れないからです。 画像は私が以前使用していた 「強化ガラスフィルム」です。 うっかりとiPhoneを高さ1m50cmくらいの所から落としてしまった際に出来た傷です。 強化ガラスフィルムは画像のように割れてしまいましたが、 本体は無傷でした。 ケースもつけておけば外装がはがれることもありませんので、 保証サービスは必要ないのです。 ただし、 保護フィルムとケースをつけていても画面が割れる時は割れます。 どうしても画面割れが心配な方は、下記で紹介する保証パックの項目を参照の上、保証パックへの加入を検討してください。 ですが、 画面割れを完全に防止できる訳ではありませんので、どうしても心配な方は保証パックへの加入を強くおすすめ致します。 理由2. 保証サービスは料金が高すぎる 理由の二つ目が主な理由ですが、 単純に保証サービスは料金が高いです。 iPhone 11の場合 トータルコスト 保護フィルム+ケース 約5,000円程度 あんしん保証パック with AppleCare Services 1か月:890円 2年間:21,360円 簡単に比較するとこんな感じになります。 購入したiPhoneを2年間使用することを想定すると、金額がここまで変わってきます。 初期費用として保護フィルムとケースを購入しておけばトータルコストを安く抑えられます。 しかも保護フィルムとケースをつけておけば壊れることがないのですから、 安く済む方がお得ですよね。 それでも保証サービスが気になる方は下記をご参照ください 私は携帯電話の代理店営業を運営する会社の法人営業部に所属していました。 ぶっちゃけた話、 売る側からすると保証サービスに入ってもらった方が売り上げ(インセンティブ)が良いのです。 だから、お店でも保証サービスのゴリ押しが凄いんです。 でも、私は不要なサービスをつけて販売するよりもお客さんの 実際の利便性やお得な内容を優先したかったんです。 なので、保証サービスをオススメすることはありませんでした。 保護フィルムとケースをつけておけば壊れない• あんしん保証パック with AppleCare Servicesは月額料金が高すぎる この2点の理由を説明すると、大抵のお客さんは納得して保護フィルムとケースを選択されますね。 ですが、 それでも『保証サービス』に加入しておきたい方が多いことも承知しております。 ここから下は、保証サービスに加入したいという方向けにまとめました。 必要な箇所だけご覧いただければと思います。 あんしん保証パック i プラス…SoftBank提供の保証サービス• それが 『あんしん保証パック with AppleCare Services』です。 2020年4月現在、新しくiPhoneを購入する場合の保証サービスは 『あんしん保証パック with AppleCare Services』しかありません。 すでに「あんしん保証パック i プラス」に加入中であれば継続可能ですが、機種変更を行う場合は新しい保証サービスに入り直す形になります。 サービス内容• 自然故障:自然故障や電池消耗の際は無料で修理に出せる• 物損:お客様過失や事故による破損を特別価格にて修理可能• 画面割れ:3,400円• その他修理:11,800円• 配送交換:故障や紛失、盗難時に新品同等の交換機を1~2日を目安に届けてくれる(11,800円)• 全損・盗難・紛失:ご希望機種を会員価格で購入可能• メモリーデータ復旧サポート:水濡れや破損によるデータ復旧を無料で出来る• ケータイなんでもサポート:オペレーターからのサポートや出張サポートを受けられる• 修理受付終了機種割引:修理サポートがすでに終わっている機種が故障した際、特別価格にてSoftBank指定機種への機種変更が可能 いままでの保証サービスは「最大で〇〇割を負担」という内容でしたが、今回の「あんしん保証パック with AppleCare Services」から 決まった金額の保証となりました。 保証してもらえる金額が決まっているのは安心ですね。 月額料金 『あんしん保証パック with AppleCare Services』は、iPhoneのシリーズによって価格が異なります。 iPhone11ProMax、11Pro、XsMax、Xs、X:1,190円• ですが、SoftBankで購入したiPhoneでも、 購入した日から30日以内にAppleStoreかAppleコールセンターに電話すると加入することが可能です。 サービス内容• オンラインで購入する• お客様自身によるシリアル番号の確認とリモート診断が必要です• 直営店のApple Storeで購入する• iPhoneの点検と購入証明書の提示が必要です• 0120-27753-5に電話して購入する• ここで確認方法についても記載しておきます。 ホーム画面から「設定」アプリをタップ(押す)する• 「一般」をタップ(押す)する• 「情報」をタップ(押す)する• 下の方にスクロールすると「シリアル番号」という項目がある これでシリアルナンバーを確認することが出来ます。 下記は一応の図解です。 ホーム画面から「設定」アプリをタップ(押す)する まずはホーム画面から「設定」を押しましょう。 「一般」をタップ(押す)する 続いて、画像の中間部にある「一般」を押します。 「情報」をタップ(押す)する 画像内の一番上にある「情報」を押します。 下の方にスクロールすると「シリアル番号」という項目がある 「情報」を押したら下に画面をスクロールさせましょう。 そうすると「シリアル番号」というアルファベットと数字が混ざったコードがあります。 その番号をメモしておけばシリアルコードの確認はOKです。 では、 果たしてどちらを選択した方がお得に使えるのでしょうか? 簡単な比較をまとめましたのでご参照下さい。 ソフトバンクショップ• Apple Store• Apple正規サービスプロバイダ 料金だけを比較すると「あんしん保証パック with AppleCare Services」の方が若干安いことがわかります。 ただし、ソフトバンクショップでしか受付ができない点にはご注意ください。 場合によってはソフトバンクショップよりも身近にある場合もあるので、Apple公式サイトの「」から店舗を検索してみてください。 関連記事• なので、保証サービスを選ぶ際は下記のポイントで選ぶのが良いかもしれません。 「モバイル保険」ならiPhoneの画面割れが実質無料で修理可能! ここまでソフトバンクの保証サービス「あんしん保証パック with AppleCare Services」について解説してきました。 ところで、携帯キャリア以外にもiPhoneやAndroid端末の補償をしてくれるサービスがあることをご存知でしょうか? それが「 」というサービスです。 モバイル保険は月額700円で、3台までの端末それぞれで最大10万円分の補償が受けられるサービスです。 モバイル保険対象店舗• ソフトバンクショップ• Apple Store• 「モバイル保険」の特徴は、提携先修理店舗ならiPhoneの画面割れを無料で修理することができる点です。 モバイル保険について詳しく解説した記事は以下からご覧いただけるので、スマホの保証サービスに入ろうと思っている方はぜひ一度お確かめください。 関連記事: まとめ• 保証サービスに入るよりも保護フィルムとケースを購入した方が安く済む• iPhoneの画面割れが多いなら最大10万円まで保証される『モバイル保険』が本当におすすめ! 元代理店営業マンである私がおすすめするのは 『保護フィルム+ケース』の組み合わせです。 私はこれまで約5年間、iPhoneを使い続けていて、必ず保護フィルムとケースをつけています。 この組み合わせで携帯電話が壊れたことがないというのが大きな理由です。 あと、 保証サービスは料金が高すぎます。 若者であればいざ知らず、30代から50代の方であれば落としてしまうことは少ないでしょう。 それならば、 初期費用として保護フィルムとケースを買ってしまった方がトータルで安く済みますのでオススメです!.

次の

ソフトバンクのあんしん保証パックwith applecare servicesは必要か?

あんしん 保証 パック with applecare services

自然故障:無料• 物損の場合:iPhone 11,800円・iPad 4,400円 エクスプレス配送サービスは、機種が故障した場合、上記の負担金で 新品または新品同様の交換機を自宅まで配送してくれます。 エクスプレス配送サービスは、ソフトバンク独自のサポートの配送交換サービスとは違い、Appleに直接申し込んで対応してもらいます。 自宅近くにソフトバンクショップがない人や、ソフトバンクショップに行っている暇がないという人は、こちらのエクスプレス配送サービスを利用しても配送交換サービスと同額で交換サービスを利用することができますよ。 ただし、エクスプレス配送サービスでは、Tポイントやソフトバンクポイントを利用することはできません。 盗難・紛失プラン• 負担金:無料 iPhoneやiPadについて操作がわからない時、故障が疑われる時など、端末に問題があって相談したいときは、Appleの専任スペシャリストがチャットまたは電話で優先的に対応してくれます。 あんしん保証パックwith applecare servicesで利用できるサポートを一覧にしました。 iPhone 負担金 iPad 負担金 PayPayボーナス付与対象 配送交換(故障) 11,800円 4,400円 - 配送交換(紛失・盗難) 11,800円 4,400円 - 自然故障 無償 無償 - 画面割れ 3,400円 4,400円 全額付与 その他の修理 11,800円 4,400円 Apple Pencil:3,400円 全額付与 ケータイなんでもサポート 無償 無償 - エクスプレス配送サービス 11,800円 4,400円 - 盗難・紛失プラン 11,800円 対象外 - テクニカルサポート 無償 無償 - メモリーデータ復旧サポート 無償 対象外 - 修理受付終了機種割引 希望機種を会員価格で購入 希望機種を会員価格で購入 - 修理、交換、サポート、データ復旧など、iPhone・iPadがトラブルに遭ったときに、あんしん保証パックwith applecare servicesにさえ加入しておけば、 格安価格でサポートをしてもらえるので、長く安心してiPhone・iPadを利用することができますよ。 月額料金 モデル 月額料金 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max iPhone XS iPhone XS Max iPhone X 1,190円 その他のiPhone 890円 iPad Pro 700円 その他のiPad 650円 あんしん保証パックwith applecare servicesの月額料金は、モデルによって料金が違います。 申込み対象 あんしん保証パックwith applecare servicesの月額料金に申込むことができるのは、 新規契約・MNP・機種変更でソフトバンクの機種を購入と同時の申込みのみ という決まりがあります。 iPhoneやiPadをソフトバンクで購入する時に同時でしか申込みができないので、 後からあんしん保証パックwith applecare servicesに加入を希望しても加入することはできません。 また、 途中で解約してしまった場合も、再加入することはできません。 サポートが利用できる回数• 物損による修理対応• 配送交換(故障)配送交換(盗難・紛失)• 盗難・紛失プラン トータルで年間2回まで あんしん保証パックwith applecare servicesのサポート内容のうち、自然故障の修理対応や、テクニカルサポート、ケータイなんでもサポートなどは回数に含まれないので何度でも利用することができます。 しかし、上記の4つのサポートについては、 4つのサポートを合わせて年間2回までしか利用できません。 修理費用が全額PayPayボーナスで還元されるという特典もあるので、 iPhone・iPadを修理するときは実質無料で何度でも修理することが可能になりますよ。 修理以外にも、iPhone・iPadや周辺機器との接続方法や使い方がわからないときにサポートしてくれるサービスも利用することができるので、iPhoneを初めて使う人も安心です。 端末交換 配送交換(故障) iPhone、iPadが故障した場合、交換機を最短で翌日に自宅まで届けてくれます。 申込みはソフトバンクショップまたはソフトバンク取扱店で行い、希望日時に指定した住所まで新品同等の交換機が届きます。 iPhone 画面割れ:3,400円 その他の修理:11,800円• iPad すべての修理:4,400円• Apple Pencil、Apple製iPadキーボード すべての修理:3,400円 さらに、かかった修理代金は、 後日ソフトバンクのスマホ決済アプリPayPayに修理費用の全額相当のPayPayボーナスが付与される(Apple製iPadキーボードは対象外)という特典が適用されます。 つまり、あんしん保証パックwith applecare servicesに加入すれば、ユーザーの過失や事故による破損修理が、実質無料で修理することができるということになります。 PayPayボーナスは、修理完了後の10日後前後を目安に設定済みのPayPayアカウントに付与されます。 電話サポート ケータイなんでもサポート• 普及成功代金:無料 メモリーデータ復旧サポートは、水濡れや破損などによりスマホからデータを抜き出すことができなくなったときに、メモリーデータを復旧し、新しい端末へデータ移行してくれるサービスです。 本来なら、復旧成功時に5,000円の復旧成功代金がかかりますが、 あんしん保証パックwith applecare services加入の場合は負担金0円で利用することができます。 修理受付終了機種割引 利用していたiPhone、iPadが修理受付終了になり、故障や破損などが発生した場合は、 ソフトバンク指定の機種を会員価格で購入することができます。 修理対応が終了しても機種変更する最後までしっかり対応してくれるので、長く使っても安心のサポートです。 以上が、あんしん保証パックwith applecare servicesのソフトバンク独自のサポートです。 ソフトバンクあんしん保証パックwith applecare serviceは必要か? あんしん保証パックwith applecare serviceのサービス内容について詳しく解説してきました。 結局あんしん保証パックwith applecare serviceは必要なのか? という点については、 iPhoneを壊す、紛失する恐れがある場合 万が一の時の修理費用を負担することができない という人は加入しておいた方がいいでしょう。 画面修理 その他の修理 iPhone SE(第2世代) 14,500円 30,400円 iPhone 11 Pro Max 35,800円 64,800円 iPhone 11 Pro 30,400円 59,800円 iPhone 11 21,800円 43,800円 iPhone XS Max 35,800円 64,800円 iPhone XS 30,400円 59,800円 iPhone X 30,400円 59,800円 iPhone XR 21,800円 43,800円 あんしん保証パックwith applecare serviceに加入せずに修理をする場合は、上記の一覧のように 高額な修理費用が発生します。 あんしん保証パックwith applecare serviceに加入しておけば、1年ごとに2回まで格安料金で修理や交換サービスが利用できるので、万が一 iPhoneやiPadが壊れたときも修理費用の出費を抑えることができますよ。 あんしん保証パックwith applecare serviceなら修理費用も全額PayPayボーナスで還元してもらえるので、万が一のときも修理費用がかからず安心して利用することができますよ。 あんしん保証パックwith applecare serviceは、iPhoneやiPadを購入したときに同時申込みでなければ加入することができません。 解約はいつでも自由に行えますので、 購入時はできるだけ加入しておくことをおすすめします。

次の

「あんしん保証パック(i)プラス」と「Apple Care+」~どっちも保証だけど何が違う?~

あんしん 保証 パック with applecare services

水濡れ• Apple正規サービスプロバイダに修理を依頼する• iPhoneやiPadを交換してもらう のどちらか好きなほうを選べるようになっています。 Apple正規サービスプロバイダに修理を依頼する場合は、実際に店舗に行ったり代替機を使用したりと手間と時間はかかるものの、 修理代金と同じ金額の「PayPayボーナス」が付与される 事で実質無料になるので、安く済ませられるという特徴があります。 iPhoneやiPadを交換してもらう場合には、最大で11,800円(税込)がかかるものの、電話1本ですぐに同じ機種を届けてくれるので時間がかからないのが特徴ですね。 どちらにしようか悩んでしまった人は、まずは実質無料にできるApple正規サービスプロバイダに修理を依頼するのが確実だと思います。 不安な人は、ソフトバンクの公式サイトにある「手続きシミュレーション」を使って、最適な修理方法を確認しましょう。 修理料金 税込 iPhone iPad 自然故障 無料 無料 画面割れなどの外装交換 3,400円 4,400円 その他修理の場合 11,800円 3,400円 となっていますが、後日、 から登録する事で支払った負担金と 同額の「PayPayボーナス」が後日ソフトバンクから付与 されます。 修理完了の10日前後を目安に届くメールから設定できるようになっているので、修理完了時に修理代金の記載された「請求書」または「修理(作業)完了報告書」等を必ず受け取り、保管しておきましょう。 ただし、3年目以降の修理料金に関しては価格が上記の金額よりも高くなる事があるので注意。 その場合も同額の「PayPayボーナス」が後日ソフトバンクから付与されます。 少しでも修理代金を安くしたい人におすすめ• 修理完了まで時間がかかる• 自然故障は無料修理• 配送交換時の負担金は、• iPhone:12,744円 税込• iPad:4,400円 税込 申し込みが完了すると1~2日以内で、使用していたスマホと同一機種、同一カラーの交換電話機(新品同様のリフレッシュ品)が指定した住所に届くので、負担金を支払って受け取ります。 ただし、盗難や紛失など、携帯電話が手元にない場合は 警察への届出が必要になる ので注意して下さい。 交換電話機が届いたら「返送キット」が同梱されているので、データ移行を済ませて14日以内に旧機種を「返送キット」に入れてソフトバンクへ送りましょう。 水濡れ• バッテリー交換• 電池パック無料サービス ソフトバンクの携帯電話が故障してしまった場合には、多くの場合で、• ソフトバンクショップに修理を依頼する• 携帯電話を交換してもらう のどちらか好きなほうを選べるようになっています。 ソフトバンクショップに修理を依頼する場合は、ソフトバンクショップに行ったり代替機を使用したりと手間と時間はかかるものの、修理代金が最大でも1,500円(税抜)なので、安く済ませられるという特徴があります。 携帯電話を交換してもらう場合には、最大で7,500円(税抜)がかかるものの、電話1本ですぐに同じ機種を届けてくれるので時間がかからないのが特徴ですね。 どちらにしようか悩んでしまった人は、 メーカー保障の範囲内であれば無料 で修理をする事もできるので、ソフトバンクショップに修理を依頼するのが確実だと思います。 まずはソフトバンクの公式サイトにある「手続きシミュレーション」を使って、最適な修理方法を把握しましょう。 で手続きする• 電話で申し込みする ソフトバンクの携帯電話から:113(無料) 一般電話から:0800-919-0113(無料) の2つの方法から選べます。 配送交換時の 負担金は7,500円 税抜。 ただし、配送交換サービスは 2016年4月以降発売のスマートフォンに限定 されているので注意して下さい。 申し込みが完了すると1~2日以内で、使用していたスマホと同一機種、同一カラーの交換電話機(新品同様のリフレッシュ品)が指定した住所に届くので、負担金を支払って受け取ります。 交換電話機が届いたら「返送キット」が同梱されているので、データ移行を済ませて14日以内に旧機種を「返送キット」に入れてソフトバンクへ送りましょう。 自然故障:無料• 画面割れなどの外装交換:2,000円~3,000円 税抜• 水濡れや全損:5,000円 税抜 となっています。 ただし、水濡れや全損の場合は、故障の程度により別途で外装交換の負担金3,000円 税抜 がかかる場合があるので注意して下さい。 ソフトバンク「あんしん保証パック」の注意事項 androidスマホやガラケーの盗難・紛失の対応は評判が良くない 「あんしん保証パックプラス」と「あんしん保証パックライト」で、携帯電話を紛失したり、盗難されてしまった場合の保証対応は、ソフトバンクショップでの 機種変更のみ となっていて評判はあまり良くありません。 補償内容は、同一機種・ソフトバンク指定機種を会員価格で機種変更できるとしていますが、ソフトバンクは会員価格を一切公表しておらず、実際には定価価格から 5,000円~10,000円しか割引されない事がほとんど なので、盗難や紛失の場合は「保証が受けられない」と思っていたほうが確実です。 や では、盗難や紛失時でも負担額を明記して保証しているのに比べると、ソフトバンクの対応は不誠実な印象ですね。 会員価格の判断はソフトバンクショップの判断に委ねられている為、 実際に機種変更してみるまでは会員価格はわかりません。 見た目は新品とほぼ変わりません SIMカードを再発行する場合は別途3,000円がかかる 紛失や盗難などによってSIMカードを再発行する場合は、負担金とは別に手数料の3,000円 税別 がかかります。 ソフトバンクでは、機種のグレードが上がった場合「交換後の機種に応じた金額とさせていただく場合があります」としていますが、実際には新しい機種になっても月額料金が上がる事はほとんどありません。 交換後の端末が新機種になったらラッキーですね! 旧機種をソフトバンクに送らなかった場合には違約金が発生する 「あんしん保証パックプラス」や「あんしん保証パック with AppleCare Services」に申し込みをして、交換電話機と壊れてしまった旧機種を交換する場合には、 旧機種を14日以内にソフトバンクに送る 必要があります。 旧機種を送らなかった場合には、加入しているケータイ補償サービスによって、• あんしん保証パックプラス:40,000円• あんしん保証パック with AppleCare Services:機種によって異なる の 違約金が請求される ので注意して下さい。 2度と再加入はできない 「あんしん保証パック」は 機種の購入時にのみ申し込みが可能 で、途中で解約した場合にも再加入はできません。 また、加入してから数カ月後に解約した場合には、過去に支払った料金は返金されないので注意して下さい。 ソフトバンク「あんしん保証パック」は必要か 最近のスマホ価格の上昇に伴い「あんしん保証パック」も常に値上げされているので、月額料金を考慮すると「本当に必要なの?」って思いますよね。 「あんしん保証パック」に加入する=安心を買う という側面もあるので、全ての人に当てはまる答えはありませんが、 個人的には「あんしん保証パック」はいらない と思います。 例えば、「」を購入して「あんしん保証パック with AppleCare Services」に加入する場合の2年間の料金は28,560円、画面が割れてしまったとして補償サービスを利用する際には別途3,400円がかかり、合計で31,960円 税込 が最低でもかかる計算になりますね! 保証サービスに入っていなかった場合の「iPhone XS」の画面割れの修理代金が31,800円 税抜 なので、 2年間で画面割れを1度修理する程度であれば「あんしん保証パック with AppleCare Services」に加入していなくても負担額は同じ という事になります。 また、携帯端末にはカバーを付け、画面にはガラスフィルムを貼る人が多いので、最近は画面割れしているスマホを見る機会も少なくなりましたよね。 特に、これまで保証サービスを使った経験がないという人は、これからも保証サービスを使う可能性は低いので、高い月額料金を払ってまで加入するメリットは少ないと思います。 現在では、ハイエンドモデルともなれば10万円以上する機種ばかりですからね。 ただし、 紛失や盗難が保証されているのは実質iPhoneとiPadのみ なので注意。 androidスマホやガラケーは、新しい端末に機種変更する際に5,000円~10,000円の割引が受けられるだけなので、なおさら「あんしん保証パック」に加入するメリットは少ないと思います。 結局は明確な答えはない 結局は、「あんしん保証パック」に加入して1度も保証サービスを利用しなかったら「やっぱりいらなかった」と思うし、紛失や盗難にあってしまったら「加入していて良かった」と思うので、全てのユーザーに合う明確な正解はありません。 この記事を読んで「なんだ保証サービスいらないじゃん」と思った人は、性格的に「あんしん保証パック」には加入しないのがおすすめ。 もし、画面割れなどをしてしまったら、諦めて正規料金を支払って修理に出しましょう。 逆に、この記事を読んでも「でもやっぱり不安だなあ」と思う人は「あんしん保証パック」に加入しておくのがおすすめ。 月額料金分は安心を買っていると割り切って、故障に関して気兼ねなく使用したほうがストレスが少ないと思います。

次の