フォレスター アドバンス 燃費。 フォレスター新型アドバンスがおすすめ!気になる特徴は?

新型フォレスターの実燃費は悪いのか?グレードごと&ライバルと比較

フォレスター アドバンス 燃費

燃料費は車の維持費の中でも特に大きな存在といえるでしょう。 車は一般的に長期間使用するものなのでわずかな燃費性能の違いでも積み重なると大きな差につながることを考えて、車選びの際にはしっかりと実燃費まで確認しておく必要があります。 燃料費だけではなく自動車税などにも関わってくるとなると、なおさら燃費性能・環境性能にはこだわりたいところです。 ここではスバル「フォレスター」の燃費についてご紹介しましょう。 フォレスターの燃費の特徴 フォレスターは1997年にデビューしたミドルサイズのクロスオーバーSUVです。 近年日本のみならず世界的にSUV人気が高まっていますが、フォレスターはスバルの世界戦略車としてグローバルにその存在感を示してきました。 現行モデルは2018年3月に登場した5代目モデルです。 4代目まで伝統的に採用されてきた2. 0Lターボエンジンを廃止し、新たに開発された2. 5Lの水平対向ガソリンエンジンを搭載することで、燃費性能・環境性能を向上させながらも力強く快適なドライビングフィールが得られるのが特徴です。 またフォレスターでは初となるスバル伝統の水平対向ガソリンエンジンに電動技術を組み合わせた独自のハイブリッドシステム「e-BOXER」を搭載したグレードを追加し、時代に合わせたラインナップ構成となっています。 フォレスターのカタログ燃費 フォレスターには先にも少し述べたとおり2. 5L水平対向ガソリンエンジンと、2. 0L水平対向ガソリンエンジンとモーターを組み合わせたe-BOXERの2種類のパワートレインが用意されています。 グレードはガソリン車が3種類、e-BOXER搭載車が1種類。 ガソリン車においてグレードによる燃費の差はありません。 全グレードで駆動方式は4WDのみ、トランスミッションは自動無段変速機「リニアトロニック」のみとなっています。 フォレスターのJC08モードカタログ燃費は以下の通りです。 ・ガソリン車 14. 日産「エクストレイル」 出典: 迫力のあるタフなエクステリアと優れた悪路走破性を持ち、高い人気を誇るエクストレイルの現行モデルは2013年に登場しましたが、2015年にはハイブリッド車が追加に、2017年には高速道路においてアクセルやブレーキ、ステアリングの自動制御を行う先進運転支援技術「プロパイロット」を搭載するなど常に進化を続けています。 エクストレイルには4WDに加えて2WDもラインナップされていますが、フォレスターが4WDのみのためここでは4WDのみで比較します。 エクストレイルのカタログ燃費はガソリン車4WDが15. 6~16. 残念ながらガソリン車、ハイブリッド車ともにエクストレイルのほうがわずかながら優れている数値を示しています。 独自のアイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー」を全グレードに標準装備するとともにボディの軽量化を図り先代モデルよりも大きく燃費性能を向上させています。 アウトランダーのカタログ燃費はガソリン車の4WDは14. フォレスターのガソリン車、ハイブリッド車と同じ数値ですね。 ただアウトランダーPHEVはハイブリッド走行と完全EV走行を併用する仕組みであり、ハイブリッド走行した際はこの数値、ということです。 プラグインハイブリッドは使用方法によってはまったくガソリンを使用しないことも可能なシステムですので、単純に燃費の数値だけでは比較できません。 この比較はあくまでもアウトランダーPHEVがハイブリッド走行しているときの数値であり、充電電力使用時走行距離が65kmであるアウトランダーPHEVは通常のハイブリッド車とはまったく異なる燃費性能、環境性能だと考えてください。 フォレスターの実燃費 カタログ燃費をチェックしただけでは燃費のチェックは不十分です。 カタログ燃費は実燃費とは異なっていることがほとんどだからです。 カタログ燃費とは、平坦でまっすぐな道でライトやエアコンなどを使わずに一定の条件下で計測されているもので、指標に使われる数値といっていいでしょう。 しかし、日常生活では坂道などさまざまな場所で走行したり、エアコンやライトも使用したりすることからどの車でもカタログ燃費と実燃費との乖離が生まれます。 路面の状態や運転の方法によって実燃費は変わりますが、JC08 モード燃費においては3割程度実燃費が低くなるのが一般的です。 オーナーの実燃費データーを収集しているe燃費によるとフォレスターの実燃費はガソリン車が11. ガソリン車は平均値の範囲内ですがハイブリッド車はわずかながら3割を超える結果となりました。 フォレスターの乗り心地を確認しよう 出典: 燃費性能は車選びの大切なポイントですが、快適なカーライフを実現するには乗り心地の確認も怠らないようにしましょう。 ここではフォレスターの乗り心地についてご紹介します。 新プラットフォームがもたらす快適な乗り心地 現行フォレスターに新たに採用された「スバルグローバルプラットフォーム」は徹底した高剛性化と低重心化によって優れた操縦安定性とステアリング操作に対する正確性を手に入れました。 さらに振動や騒音の低減にも成功し、路面環境を問わずいつでも安定した静かで快適な乗り心地を実現しています。 ドライバーの運転負荷を減らして安全で快適な運転をサポートする機能 フォレスターにはドライバーの疲れを減らす先進機能「ツーリングアシスト」が採用されています。 ツーリングアシストはアクセルとブレーキの自動制御に加えて、ステアリングも自動制御して渋滞や高速走行などのさまざまなシーンでドライバーの運転負荷の軽減に貢献するシステムです。 急ブレーキや急加速、急ハンドルのない安全で快適な乗り心地をサポートします。 フォレスターは安定した快適な乗り心地が魅力 満足のいくカーライフを実現するためには事前に乗り心地や燃費性能を調べておくことが大切です。 フォレスターはここでご紹介したライバル車と比較すると燃費性能ではわずかに後れを取っていましたが、極端に悪いというわけではなく本格派ミドルサイズSUVとしては合格点といえる数値になっています。 プラットフォームを一新し先代よりも操縦安定性や静粛性を増したフォレスターは、SUV人気をこれからも牽引していく存在であり続けるでしょう。

次の

フォレスターアドバンスの良い口コミや悪い口コミ、実燃費などをまとめてみた。

フォレスター アドバンス 燃費

フォレスターとは?アドバンスって? フォレスターはとプラットフォームを共有するで、かつてはインプレッサの特別仕様車として販売されていた「インプレッサ グラベルEX」の後継車種となっています。 初代モデルは1997年に誕生し、現行モデルは2018年にフルモデルチェンジが実施された5代目となっています。 出典: 現行モデルの特徴としては、5代目インプレッサから採用が始まった「スバル グローバル プラットフォーム」がフォレスターにも採用されており、操舵応答性や操縦安定性が大幅に向上しました。 また、エンジンが一新されており2500cc水平対向4気筒エンジンと、フォレスターでは初設定となる2000cc水平対向4エンジンにモーターを組み合わせたである「e-BOXER」が採用された アドバンスというグレードが登場しました。 その為、初代モデルから設定されていた2000ccと2000ccは廃止されています。 安全装備に関しては、先代モデルにも装備されていたver3の機能に加えて、アイサイト・ツーリングアシストを全車に標準装備することで、全車速でハンドル・アクセル・ブレーキを自動制御してドライバーの負担軽減している他、乗車認識技術であるドライバーモニタリングシステムを用意し、居眠り運転を検知するなどドライバーが安全な走行が出来るようにサポートを行います。 スポンサーリンク フォレスター(アドバンス含む)の評価は? スバル フォレスターの口コミ評価(良い点・悪い点)について紹介します。 出典: フォレスター(アドバンス含)の良い評価 スバル最新の安全装備を搭載 フォレスターには衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)であるアイサイトver3の他にも、全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリング操作の自動制御を行う「ツーリングアシスト」を全モデルに標準装備しています。 また、一部グレードにはダッシュボード中央に設置されたマルチファンクションディスプレイにカメラを設置し、ドライバーの脇見運転や居眠り運転を検知すると警告を発する「ドライバーモニタリングシステム」を採用するなど、スバル最新の安全装備を搭載しています。 新型プラットフォームによる優れた走行性能 フォレスターにはスバルが採用を進めている新型プラットフォームが採用されており、従来モデルと比較して大幅に走行安定性や操縦性が向上しています。 フォレスター(アドバンス含)の悪い評価 代わり映えしないエクステリアデザイン フォレスターは先代モデルのキープコンセプトとなっており、エクステリアデザインに大きな変更がありません。 ターボモデルの廃止 初代モデルからフォレスターの大きな特徴であった2000ccターボエンジンの設定が現行モデルから廃止されています。 スポンサーリンク フォレスターがおすすめな人は? スバル フォレスターをおすすめしたい人を紹介します。 出典: 最新の安全装備を備えた車が欲しい人 近年のスバルはアイサイトを中心とした先進の安全技術の採用を進めていますが、現行モデルのフォレスターでは最新バージョンのアイサイトの他にも、アイサイト・ツーリングアシストやドライバーモニタリングシステムを用意するなど、スバルが有している安全装備を満載した車となっています。 その為、最新の安全装備を備えた車を探している人には現行型フォレスターをオススメします。 スバルのハイブリッドモデル(アドバンス)が欲しい人 現行型フォレスターにはスバル車として唯一となるハイブリッドモデルであるアドバンスが設定されています。 このハイブリッドモデルは「e-BOXER」と呼ばれ、旧型に搭載されていたパワーユニットを改良したものとなっていますが、エンジンを搭載していることを主張するかのように回転数が上下するスポーティーなものとなっています。 その為、燃費を追求するハイブリッドモデルではなく運転を楽しさを追求したハイブリッドモデルとなっています。 運転しやすいクロスオーバーSUVが欲しい人 現行型フォレスターは直線基調のエクステリアデザインとなっており、車幅やボンネットの先端が分かりやすくなっています。 その為、運転しやすいクロスオーバーSUVを探している人にはフォレスターをオススメします。 スポンサーリンク フォレスター(アドバンス含む)の口コミは? スバル 新型フォレスターの口コミを紹介します。 フォレスターの良い口コミ1 新しい車を購入するなら安全装備が充実した車にしたいと考えていました。 新型フォレスターなら最新型のアイサイトを中心として、スバルが持っている安全装備が満載されているので、万が一の時の安心感が違います。 フォレスターの良い口コミ2 新型フォレスターはスバル最新のプラットフォームが採用されていることもあり、重心が高く安定性に劣るクロスオーバーSUVでありながらスポーティーカーを運転しているかのような操縦安定性があります。 また、運転している時に感じるのが運転席からの視界の良さで、カーブを曲がる時などに歩行者が見やすい点も気に入っています。 フォレスターの良い口コミ3 最近ではモデルチェンジの度にボディサイズが大きくなる車が多いですが、新型フォレスターはほぼ同サイズを維持していて、大柄過ぎない点が気に入っています。 フォレスターの悪い口コミ1 フォレスターといえば2000ccターボエンジンによる強烈な加速性能と、マニュアルトランスミッションの設定が大きな特徴でしたが、新型フォレスターからは廃止されておりフォレスターの個性が薄まってしまった点が残念です。 フォレスターの悪い口コミ2 新型フォレスターは先代モデルのキープコンセプトで、デザインに大きな変更がなく、中身は一新されているのに新鮮さに欠ける点が気になります。

次の

フォレスターの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

フォレスター アドバンス 燃費

subaru. htmlより引用 新型フォレスター唯一のハイブリッド車であるAdvance! まずはこのAdvanceがどの様な車かを見ていきましょう! 特徴的なのは新型フォレスターのAdvanceグレードでは「e-BOXER」といわれる呼称が使用されていること! 「e-BOXER」とはスバル車に採用されているハイブリッドシステムの商品名の事で、世間に定着している「ハイブリッド」と異なった使用方法で用いられている事から、スバルでは別の名前で呼ぶことになりました。 一般的に「ハイブリッド」には「低燃費」というイメージが持たれていますが、「e-BOXER」はモーターのトルクを活かし、走る楽しさを高めることに主眼が置かれています。 では、この「e-BOXER」が採用されている新型フォレスターAdvanceグレードのエンジンスペックはどの程度なのでしょうか? 走る楽しさを高めるための「e-BOXER」ですので、かなり高いスペックが予想されるのではないでしょうか? 「e-BOXER」に採用されているエンジンの排気量は2. 2kgm 145ps モーター 6. 6kgm 13. 6ps 一般的なハイブリッド車と比較して、モーターのトルクが低いことが解るのではないでしょうか? この値がどの程度の物なのか、同じようなシステム構成であるエクストレイルハイブリッド車と比較してみましょう! 比較した値は以下のようになっています。 車種名 エンジン モーター トルク 馬力 トルク 馬力 新型フォレスター 19. 2kgm 145ps 6. 6kgm 13. 6ps エクストレイル 21. 1kgm 147ps 16. 3kgm 41ps エクストレイルハイブリッド車のエンジンの排気量も2. subaru. htmlより引用 ドライバーモニタリングシステムはスバル車として初の装備であり、登録したドライバーのシートポジションやエアコンの設定を記録し、ドライバーが運転席に座ると顔を認証し、自動で記録した設定に変更されるという非常に便利なシステムとなっています。 さらに、ドライバーモニタリングシステムには警報機能も搭載されており、走行中のドライバーの表情から居眠り運転やわき見運転といった状況を感知し、警報音や警告表示で注意喚起をしてくれます。 とても優れた先進装備であり、Advanceにのみ標準装備され、他のグレードではオプションとして選択することも出来ず、Advanceを購入した人のみ使用できるシステムとなっています。 しかし、熱狂的なスバル車のファンであるスバリストといわれる人達からは、「e-BOXER」の馬力やトルクの数値から、「ドライバーモニタリングシステムという先進的な装備よりも動力源のスペックに力を入れて欲しかった」という評価が発売前から聞かれており、Advanceには残念な印象を受けるという声があがっていました。 そんな中、9月に発売を迎えた新型フォレスターAdvance。 発売された現在はいったいどの様な評価になったのでしょうか? ・加速時にはやや非力 ・性音声に優れている ・街中の走行に優れている ・加速は2. ただし、街中などのスットプ&ゴーが多いような状況では、モーターアシストにより加速もスムーズで快適に使用できるという声が多くあがっていました。 さらに、性音声も抜群で、車内のオーディオを消してもエンジン音が気にならないほど静かだそうです。 Advanceは高速道路や峠道などではなく、街中での走行に有利な車になっているようですね。 実際に、長距離移動をメインとし、高速道路や峠道をよく走る人は2. 次に、Advanceのみの装備であるドライバーモニタリングシステムの評価ですが、ドライバー登録も簡単で、乗車して数秒でドライバーの顔を認証し、まさにおもてなしされているような感覚になるそうです。 発進時にシートやサイドミラーの調整に時間がかからず、ストレスフリーで使用することが出来ると言われており、最先端の技術なだけに非常に素晴らしい機能となっているようですね。 ただ、人によっては顔を認証しずらいと評価している人もおり、この点だけは今後に期待したいと記載されていました。 しかし、認証してしまえばすぐに最適なポジションに移動してくれるそうで、認証後はタイムラグ無く移動する点を高く評価していました。 以上の点から新型フォレスターAdvanceは街中での走行をメインとする車であり、ドライバーモニタリングシステムも多少の改善点は必要となってそうですが、タイムラグ無く作動する素晴らしい装備となっていそうですね。 発売前はエンジンスペックから「残念」という声も聞こえましたが、仕様用途によっては十分素晴らしい車であると言えるのではないでしょうか! Advanceの実燃費はどの位? では、次に新型フォレスターAdvanceの実燃費を見てみましょう! 通常のハイブリッドとは用途が違う「e-BOXER」を搭載しているAdvanceですが、ハイブリッド車である以上、燃費はやはり気になりますよね。 では、最初にフォレスターのホームページに記載されている燃費を見てみましょう! 新型フォレスターAdvanceの燃費はJC08モードとWLTCモードで以下の通りと公表されています。 計測モード 燃費 JC08モード 18. では、実燃費はどの程度なのでしょうか? 実燃費を公表してくれているオーナーさんたちの評価としては、 新型フォレスターAdvanceの評価、評判、口コミをまとめると? 今回は新型フォレスターの評価や評判、口コミについて調べてみました! 発売以前は、エンジンスペックから考えて、「残念」という評価が目立っていたように感じましたが、実際に購入された方からは街のりで真価を発揮する良い車であると評価されていました。 Advanceだけに採用されたドライバーモニタリングシステムも車に乗り込むと、タイムラグなしで作動し、おもてなしされているようだと評価の高いものとなっています。 さらに、実燃費も公表されているWLTCモードの14. 唯一残念だった点は、やはり加速に関してはやや非力と評価されていたことでしょうか? この点に関しては2. 先代フォレスターに存在したターボ仕様車のようなスペックを求めていた人にとってはAdvanceはやや物足りない仕様となっているようですが、用途さえ合わせればAdvanceグレードは非常に良くできた素晴らしい車であると評価できそうですね! 街のりをメインとして、ミドルサイズSUVの購入を考えている方がいらっしゃいましたら新型フォレスターAdvanceを候補に入れてみては如何でしょうか? おススメの記事はこちら• 新型フォレスターを50万円安く買う方法とは? 新型フォレスター、カッコいいですよね! SUVらしいエクステリアやスポーティーなインテリアは本当に素晴らしいです! SUV車の購入を考える人にとっては発売したばかりの新型フォレスターは魅力的な車となっているのではないしょうか? 実際にスバルで新型フォレスターを見た事があるのですが、実物は写真で見る以上にカッコいい! 発売間もない車ですし、購入できれば大きな所有感も得られそうですよね! そう思いながら、ワクワクして実車を見ていましたのですが、 ここで一気に現実に引き戻される出来事が!! 新車は高価であり、出たての車なので値引き額も期待できません! 新型のフォレスターを諦めたくない… グレードも妥協したくない… オプションも付けたい… しかし、値引きが期待できない… そもそも値下げ交渉が苦手だな… などなど、悩みは尽きません… 車の性能については色々な情報を得る事が出来ますが費用を安く済ませる方法は誰も教えてくれない… 家族からは「安く済ませる方がいいじゃない」とも言われ、相談も出来ません… しかし、どうしても発売間もない新型フォレスターが欲しい!! そこで思いついたのが、 下取りより買取! 僕が8年乗り続けた車をディーラーに下取りに出したところ、他社からスバルへの乗り換えという事もあり、おまけをして貰って 20万円! 苦手ながらも交渉を続けた結果、この時点で 30万円値引いている状態でした。 あともう少し値引きできないか… そう考えていた僕はとりあえず話を保留し、この日は帰宅する事に。 そして、次にディーラーに行くまでにある方法を試すと… なんと、 70万円も安く買えました! 欲しかった新型フォレスターを購入でき、所有感も存分に得られて本当に気分が良いです!! 僕みたいに新型フォレスターを、納得できる金額で欲しいですよね? そんなあなたにピッタリの裏ワザをご紹介します! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使う これがかなり重要です! ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも多々あります。 一括査定サイトでは大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競合します。 その結果、買い取り価格が吊り上がる事が良くあるんです!.

次の