ノックアウトオプション スワップ。 【IG証券】評判のノックアウト・オプションとは?圧倒的強みと攻略のカギは?

IG証券【ノックアウト・オプション】とは?評判と攻略方法

ノックアウトオプション スワップ

反対にベアポジションを保有した場合は、スワップポイントを支払うことになるわけだ。 また、株価指数だと「ブルポジション」を保有している場合、ファンディングコストの支払いが発生する。 一方、「ベアポジション」を保有している場合、 当該国の基準金利が2. 5%以上(ミニ取引は3. 0%以上)であれば、原則としてファンディングコストを受け取ることができる。 ただ、当該国の基準金利が2. 5%未満(ミニ取引は3. 0%未満)だと支払いになる。 5%未満なので、ファンディングコストはブルでもベアでも支払いとなるわけだ。 のFXサービスには、保証料を支払う代わりにストップ注文が絶対にスベらない 「ノースリッページ注文」があるが、これと同じようなイメージだ。 はじめに、取引ツールにログインしたら、左側にあるノックアウト・オプションをクリックすると、取引銘柄の一覧が表示される。 次にノックアウト価格は、現在のレートを基準に決められたものの中から選択することになる。 そして、ここで選択したノックアウト価格によって 1万通貨あたりのオプション料も決まってくる。 ノックアウト・オプションでは、各銘柄の売買レートとノックアウト価格の差額を取引することになる。 さらに正確な購入価格は原資産の買値もしくは売値と、ノックアウト価格の差額にノックアウト・プレミアムをプラスしたものとなる。 そして、先ほども紹介したとおり、ノックアウト・プレミアムについては、 途中でポジションを決済した場合、ユーザーに戻される。 最後にロット数を入力して、注文確定ボタンをクリックすれば発注完了となる。 ポジションを保有すると、赤い破線で保有したポジションの水準と損益が表示され、黄色い破線でノックアウト価格が表示されるので、ユーザーはこれを見ながら適宜トレードすればいいわけだ。

次の

IG証券のノックアウトオプションでユーロズロチ(EURPLN)のスワップ投資を解説|投資で資産1億円を目指すブログ

ノックアウトオプション スワップ

この記事ではノックアウト・オプションに対応しているIG証券とFOREX. comの2社を様々な角度から徹底比較。 通貨ペアやスプレッド、取扱い銘柄や基本スペックまで詳しく解説しています。 ノックアウト・オプションはリスクを限定しながら、少ない資金で大きな利益を狙う取引も可能な画期的なオプション取引です。 国内FX業者で対応しているのは今のところIG証券とFOREX. comだけ。 両社ともに特徴的なサービスを提供しているのでノックアウト・オプションの業者選びにぜひご活用くださいね! IG証券とFOREX. comの最大発注数量は通貨ペアによって異なります。 100種類以上の通貨ペアに対応!IG証券のノックアウトオプション! IG証券とFOREX. comのノックアウト・オプションを比較するときにまず、注目したいのが「対応銘柄の豊富さ」です。 取引できる銘柄が多いほど便利であることは言うまでもありません。 この点、IG証券はFX通貨ペア100種類以上に対応。 主要通貨ペアはもちろん、かなりマイナーな通貨ペアでもノックアウト・オプションが可能です。 さらに、IG証券は株価指数や商品銘柄にも対応しています。 FX通貨ペアも含めると160以上の銘柄に対応しているのはIG証券の大きなメリットですね。 一方、FOREX. comはFX通貨ペア26種類のみの対応です。 株価指数や商品銘柄は対応していません。 銘柄の豊富さでいえばIG証券に軍配があがります。 (100通貨ペア以上) 株価指数 日本225、ウォール街、米国500、米国テク株100、米国Russ2000、米国FANG、ボラティリティ指数、英国FTSE100、ドイツ30、フランス40、スペイン35、イタリア40、スイス優良株、スウェーデン30、オランダ25、ノルウェー25、デンマーク25、欧州50、EUボラティリティ、香港HS50、中国H株、中国A50、シンガポール優良、台湾、オーストラリア、インド50、南アフリカ40 商品 WTI原油、北海原油、スポット銀、スポット金、NY天然ガス、NY灯油、NY無鉛ガソリン、スポットプラチナ、NYHG銅、シカゴ大豆油、シカゴコーン、NYココア、NY綿花、パーム原油、アルミニウム、NYコーヒー、シカゴ材木、シカゴ生牛、ロンドンココア、ロンドンコーヒー、ロンドン砂糖、NYオレンジジュース、シカゴコメ、シカゴ大豆、NY砂糖、シカゴ大豆ミール、シカゴ小麦、銅、鉛、ニッケル、亜鉛 FOREX. 6 0. 1 1. 0 2. 3 1. 6 0. 0 2. 9 1. 5 1. 5 2. comのスプレッドは原則固定。 ただし、為替市場の流動性が著しく低下した場合や相場急変時においては変動制になるのでご留意ください。 次は取引コストで2社を比較してみましょう。 基本的に2社ともにノックアウト・オプションの取引手数料は無料です。 IG証券はオプション購入時にノックアウト・プレミアムという保証料を支払う代わりにスプレッドが狭め。 IG証券のノックアウト・プレミアムはノックアウト価格に達しない場合、ポジション決済時に返却されるため、ノックアウトにならない限り保証料を支払うことはありません。 一方、FOREX. comはプレミアムは発生しませんがその分スプレッドが広めに設定されています。 スプレッドはノックアウト・レベルに達するかどうかに関係なく実質的な取引コストとなります。 スプレッドに関しては上記の表を見て頂ければ分かるとおり、FOREX. comがIG証券よりも約0. 3銭ほどスプレッドが広いですね。 スプレッドを気にされる方はIG証券の方が有利な取引ができます。 ノックアウトオプションの手数料で比較! IG証券のノックアウトオプションではオプション料に最初からノックアウト・プレミアムという保証料が含まれています。 その分、FOREX. comよりスプレッドが狭いですが実際にかかる手数料で比較すると、どちらがコストを抑えられるのか。 ノックアウト価格に達した場合と達しない場合で比較してみました。 米ドル円が1ドル=100円のとき、1万通貨の取引を想定します。 IG証券の米ドル円ノックアウトのノックアウト・プレミアムは2ポイント(1ポイントの損益額:100円)なので約200円となります。 ボラティリティが上がればプレミアムも上がり、ボラティリティが下がればプレミアムも下がる可能性があります。 ポジション保有後にプレミアムが変動する場合もありますので、ご注意ください。 com スプレッド0. com スプレッド0. comよりも手数料が高くつきます。 逆に、ノックアウト価格に達しない場合、ノックアウト・プレミアムは払い戻しされるためスプレッドが狭いIG証券の方が手数料を抑えることが可能です。 ノックアウト価格を広めに設定しノックアウトとならないようにポジションを持てればIG証券の方が手数料としては有利ですね。 また、IG証券のノックアウトオプションではノックアウト価格になる前に決済の逆指値注文を入れることができます。 決済の逆指値を上手く使えば、ノックアウト価格に達する前に途中決済が可能です。 万が一、想定外の値動きで逆指値が滑ったとしてもノックアウト価格での決済は保証されているので安心です。 一方、損切りは確実に決済させたい、スリッページは防ぎたいという方はFOREX. comの方がお得。 取引回数にもよりますが、値動きが激しくボラティリティが高まっている場面で積極的にトレードされる方はFOREX. comもチェックしてみてくださいね。 取引数量が無制限!IG証券のノックアウトオプション! 次は1回当りの取引数量で2社を比較してみましょう。 注目したいのはIG証券が「取引数量に上限がない」という点です。 オプション購入枚数に制限がないのは大口トレーダーにとっては大きなメリットですよね。 IG証券では、大口注文にも対応できるよう強靱なサーバーと約定システムを用意。 指定レートで注文が通りきらない場合でも約定できる分だけ約定してくれる一部約定の機能もあります。 一定の条件を満たした方には専属の担当者がアサインするプレミアムサービスも提供。 こうしたサービスが提供できるのも全世界で金融サービスを提供しているIGグループならでは。 一方、FOREX. comは取引通貨ペアによってワンショットの最大ロットが変わります。 米ドル円であれば500万通貨、ユーロ円は450万通貨、ポンド円は300万通貨です。 取引数量が気になるという方であればIG証券がベスト。 ワンショット100万通貨も取引しないという方はFOREX. comでも十分な取引ができます。 スワップポイントにも注目するならIG証券! ノックアウトオプションでは、FXと同様に購入したオプションにスワップポイントが付与されます。 IG証券は50社以上ある国内FX業者の中でも高水準のスワップポイントを提供している会社。 米ドル円や豪ドル円といったクロス円の通貨ペア、トルコリラ円やメキシコペソ円といった高金利通貨でも高いスワップポイントを安定的に配信しています。 ノックアウトオプションはノックアウト価格で確実に損切りが行われるため、長期保有する場合でもスリッページの心配がありません。 スワップポイント狙いでノックアウトオプションの保有を考えておられる方はIG証券に注目してみてください。 別記事にてFX26業者のスワップポイントを一覧にしています。 1日当りだけでなく、月間、年間を通したスワップポイントの比較も行っているので気になる方はぜひご一読を。 1,000通貨取引に対応!FOREX. comのノックアウトオプション! 次に、比較するポイントは「取引単位」です。 少額取引に対応しているかどうかはノックアウト・オプションをこれから始めるという方にとって注目ポイントになります。 この点、FOREX. comは1,000通貨単位の取引に対応しており数千円からノックアウト・オプションの取引をスタートすることが可能です。 ノックアウト・オプションは設定するノックアウト・レベルによってオプション購入金額が変わる金融商品です。 適切な位置にノックアウト・レベルを設定すれば、リスクと必要資金を最低限に抑えた上でレバレッジをかけた取引ができます。 1,000通貨単位でノックアウト・オプションができるのはFOREX. comの注目ポイントですね。 一方、IG証券は1万通貨からの取引となっています。 ノックアウト・オプションであれば、米ドル円の1万通貨の取引でもノックアウト価格の設定次第で通常のFXより少ない資金でオプションが購入可能です。 ノックアウト価格を現行レートに近づけるほどオプション購入金額は低くなる仕組みなので、しっかりと相場分析を行った上で適切な位置に設定しておけば1万通貨の取引でも資金を抑えて取引ができます。 米ドル円を1万通貨(1ドル=100円)で取引した場合 上記の画像は現在レートが米ドル円=100円の場合にノックアウトオプションとFXで米ドル円を1万通貨取引した場合の必要な資金を比較したものです。 FXであれば約40,000円が必要ですが、ノックアウトオプションではノックアウト価格を99円50銭に設定した場合、約5,200円の資金でオプションが購入可能です。 ノックアウトオプションでは現在レートに対してノックアウト価格を近づけるほどオプション料が安くなります。 1pips動いた場合の損益は変わらないので、どのレートにノックアウト価格を設定するかが重要です。 FOREX. comのノックアウトオプションはTradingView対応! 次は取引ツールで2社を比較してみましょう。 FOREX. comはブラウザ対応のPC版取引ツールとスマホアプリの2種類に対応、IG証券も同じくブラウザ版のPCツールとスマホアプリの2種類でノックアウト・オプションが可能です。 もっとも、注目したいのがFOREX. comのPC版ツールには高機能チャートツールの「TradingView(トレーディングビュー)」が内蔵されている点です。 TradingViewは全世界1,000万人以上のトレーダーに利用されている人気急上昇中のツール。 70種類以上のテクニカル指標と50種類以上の描画ツールを標準搭載しマーケット分析や最新ニュースもリアルタイムで閲覧可能。 洗練されたデザインで直感的な操作ができるため使っていてストレスを感じません。 メニューウィンドウの設定やチャートレイアウトの変更も自由自在、使い勝手が抜群のPCツールに仕上がっています。 一方、IG証券は豊富な銘柄が1つのプラットフォームで取引できるというのが強み。 ノックアウト・オプションだけでなくFXや株式、CFD取引など異なるアセットクラスもシームレスに取引できるのは非常に便利です。 もっとも、その分使い方が少し難しく中上級者向けのツールであることは否めません。 取引ツールの使いやすさで選ぶならFOREX. comに軍配があがります。 高機能なFXスマホアプリならFOREX. com! 一昔前であればFXや株式取引といえばパソコンで取引するのが一般的でしたが、現在ではスマホで取引される方も非常に増えてきています。 スマホでノックアウト・オプションができるFX会社であればFOREX. comが要チェック。 PC版ツールに搭載されている高機能チャートツール「TradingView」がスマホにも標準搭載。 PC版ツールの機能性そのままにスマホでも簡単にノックアウト・オプションの取引が可能です。 目標価格や約定のアラート通知機能にも対応、オプション購入金額やポジション状況もスマホで一目で確認できます。 最新のマーケットニュースや経済指標カレンダー、ロイターニュースにもアクセス可能。 FOREX. comのスマホアプリなら取引チャンスを逃さずマーケットの動きを正確に把握することができます。 「スマホでよく取引する」という方はFOREX. comが最適。 総合力的にみてIG証券のノックアウトオプションがイチオシ! ここまで様々な角度からIG証券とFOREX. comを比較してきましたがいかがでしょうか。 両社を総合的な点から比較した場合、銘柄の豊富さ・コストの安さ・取引数量の3点からIG証券のノックアウト・オプションがイチオシです。 もっとも、人それぞれFX会社に求めるものは違うので、自分の取引スタイルに合った方を選んで頂ければ幸いです。

次の

ノックアウトオプションFAQ、使い方など

ノックアウトオプション スワップ

もくじ: ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ノックアウトオプションの特徴 最初に、特徴を確認しましょう。 最大の特徴は「FXと比べて、資金効率がとても良い」です。 この点につきましては、後ほどご案内します。 先に2点を見ましょう。 特徴1:特定の為替レートで、必ず損切りできる 例えば、100. 00円で損切りしたい場合、何が何でも100. 00円で損切りしてくれます。 他社では巨大なスリッページが出て大混乱という状況でも、スリッページなしで損切りします。 特徴2:FXと同じイメージで取引できる 取引画面を見ながら、確認しましょう。 下の画像は、IG証券の発注画面です。 これは、米ドル円の取引です。 一番上に、現在のレートが表示されています。 このレートはオプションのレートであり、為替レートと同一ではありません(よって、数字も10713. 6などと大きな数字になっています)。 しかし、為替レートの値動きと同じ動きをしますので、米ドル円=107. 136円とみなして、取引できます。 その下に、「ノックアウトレベル」とあります。 要するに、損切りレートです。 ここでは、例として10500(105. 00円)に指定しました。 そして、真ん中あたりに、215. 6と216. 2という見慣れない数字があります。 この数字の意味ですが、「取引レート、ノックアウトレベルまでの距離、オプションプレミアム(手数料のようなもの)」を反映した数字です。 普段はFXをしているという場合、慣れない数字で戸惑うかもしれません。 その場合は、一番上の為替レートと、その下のノックアウトレベル(損切りレート)を中心に考えましょう。 そして、ロット数(取引数量)、逆指値注文(損切り)、指値注文(利食い)を入力して、取引を開始します。 ノックアウトレベルと逆指値注文 ここで、疑問が出てくるかもしれません。 ノックアウトレベルと逆指値注文の違いです。 逆指値注文: 現在値とノックアウトレベルの間で設定できます。 「ノックアウトレベルは少々遠くに設定して、実際の損切りは逆指値で実行」という技が使えます(逆指値注文は、発注しなくてもOKです)。 レートの位置関係を、下のチャートで確認しましょう。 チャートの下側に、線が4本描かれています。 上から順に、指値注文(利食い)、現在値、逆指値、ノックアウトレベルです。 逆指値注文は、現在値とノックアウトレベルの間にあります。 「ここまで下がったら、絶対に損切り決済しないとダメだ」という水準で、ノックアウトレベルを決定します。 そして、チャートで値動きを確認しながら、逆指値注文で損切り位置を決めることができます。 逆指値注文は、自由に変更できます。 すなわち、こういうことです。 普段は、自分が設定した逆指値注文で損切りできます。 逆指値注文の位置は、変更可能です。 相場の大波乱で巨大なスリッページ出る場合、ノックアウトレベルでスリッページなく絶対に損切りして、顧客を守ります。 損切りしたくないから逆指値注文を遠くに変更してしまい、含み損が巨大になって悲惨になるという、昔のゆったり為替がやってしまった失敗も回避できます。 資金効率が極めて良い では、ノックアウトオプションの最大の特徴である、「資金効率が極めて良い」を確認しましょう。 上の取引では、1万通貨の売買を開始するところです。 画像右下の緑色部分「注文確定」の上に書いてある数字です。 「¥21,620」となっています。 すなわち、この取引をするために必要な金額は21,620円であり、最大損失額も21,620円だということです。 必要な投入額と、最大の損失額が全く同じになっています。 これが、FXと大きく異なります。 FXと比べて、必要な投入額が圧倒的に少ないです。 FXとの違いが良く分かるように、比較してみましょう。 FXの取引で必要な金額 同じ取引を、FXの場合で考えます。 10714. 142円で買うときに必要な証拠金を計算しましょう。 107. 04(4%)= 42,857円 この取引をするには、42,857円を準備しなければなりません。 さらに、107. 142円から円高になり、105. 00円(損切りレート)になるまでの含み損に耐えるお金を、入金しなければなりません。 (107. 142円-105. 円高になると必要証拠金がわずかに減りますが、概ねこれくらいの額が必要です。 一方、ノックアウトオプションでの投入資金は、 21,620円です。 同じ効果を狙った取引なのに、必要な金額は3倍も違います。 ノックアウトオプションとFXの比較まとめ 以上の取引内容を、分かりやすく比較してみましょう。 この2種類の方法は、同様の効果を狙った取引です。 しかし、大きな違いがあると分かります。 ノックアウトオプション: ありえない• FX: あり どちらが有利だろうか、という話です。 この比較だけみると、ノックアウトオプションの方が有利だという判定になるでしょう。 取引に必要な資金量が圧倒的に違うからです。 しかし、ノックアウトオプションがどの面から見ても有利と表現するのは、無理があります。 と言いますのは、上の有利な取引条件を実現するには、オプションプレミアム(手数料のようなもの)を支払う必要があるからです。 とはいっても、通常は、為替レート換算で数銭に満たないようなレベルです。 また、 逆指値注文や指値注文が約定する場合、オプションプレミアムの支払いは不要です。 ノックアウトレベルで損切りした場合だけ、支払います。 すなわち、普段は、逆指値注文で損切りです(オプションプレミアムの支払不要)。 そして、大ピンチの時、スリッページなしで確実に損切りです(この場合だけ、オプションプレミアムを支払います)。 ノックアウトオプションでの取引を、検討する価値があるでしょう。 メリットがとても大きいです。 さらに、特徴を見てきましょう。 取引期限がある なお、ノックアウトオプションはオプションですので、取引期限があります。 取引期限の確認方法を見てみましょう。 下の画像をご覧ください。 先ほどの取引画面です。 その右に「2020年8月」とあります。 これが期限です。 正確には、2020年8月3日です(営業日基準)。 取引期限は、最長で1年間あります。 よって、スイングトレードやポジショントレードをする場合でも、期限を気にすることなく取引可能です。 取引期限と、その後の清算については、株式等のオプションと似た手続きを経ます。 すなわち、取引期限までポジションを保有する場合、清算値と呼ばれる為替レートで決済します。 (取引期限内に利食い・損切りレートが実現する場合は、その時点で決済します。 ) 取引期限が2020年8月3日の取引を例にしますと、以下の通りです。 よって、今の旬の通貨ペアを見ることができます。 アルファベット順で並べることもできます。 株価指数や貴金属でも取引可能 さらに、株価指数や貴金属でも取引可能です。 すなわち、「今は為替レートの値動きが良く分からないけれど、日経平均やNYダウはトレンドでしょう」という場合、株価指数でノックアウトオプションができます。 株価指数や貴金属で、実際に取引しなくても構いません。 選択肢として存在することが重要です。 なぜなら、今までは関心がなかったけれど、あるイベントが発生して「今後の株価はこうだ!」と強烈にイメージできたとします。 しかし、その時点から、NYダウや日経平均を取引できるツールを探して、どれが良いか比較して、口座を開設するか?という話になります。 時間がかかりすぎて、チャンスを逃してしまいます。 ノックアウトオプションでは、通貨ペアでも株価指数でも、選択肢が多く準備されています。 お得なキャッシュバックキャンペーン 最後に、大変お得なキャッシュバックキャンペーンを確認しましょう。 口座開設後に、50万円以上を入金します。 そして、以下の通りキャッシュバックをもらえます。 5,000円:口座申込後30日以内に、取引• 15,000円:さらに、累計50回以上の新規取引• 45,000円:累計100回以上• 10,000円:他社の取引報告書の提出 特徴的なのは、2つでしょう。 一つは、入金後に1回取引すれば5,000円という点です。 ハードルがとても低いです。 もう一つは、 他社の取引報告書を提出すれば1万円という点です。 他社という場合、FXやCFDなど、IG証券と同様のサービスをしているところならOKです。 IG証券のサービスは幅広いので、該当する人が多そうです。 お得に利用しましょう。 取引可能なFX業者 最後に、ノックアウトオプションを取引可能なFX業者を確認しましょう。 2社です。

次の