バッタ大量発生 2020 日本への影響。 バッタの大量発生はなぜ起こる?日本への影響や対策は?

コロナとは別の「第3波」バッタ大量発生の悲惨な現状! バッタが「別ルート」選択か、ロシアやベトナムでも急増…本格的食糧難へ!?

バッタ大量発生 2020 日本への影響

コロナウイルスの次の問題 今、日本ではコロナウイルスの報道でもちきりですが、どこまで感染を防ぐことが出来るんでしょうか?? 昨年の12月8日に原因不明の肺炎患者を初めて確認し、中国の武漢を完全に封鎖したニュースがインターネットで見てた時、なんかものすごいことが起きているんやないか?って思っていました。 僕は全く知りませんでしたが、 封鎖された中国の武漢っていう都市は、人口1108万人らしくて、東京が約1400万人なので東京都とそんなに変わらない大都市を完全に封鎖するなんてありえないと思ってたんです。 まるで映画の世界ですよね。 ほっておいたら間違いなく日本も同じようになる危険性があるって感じた人はたくさんおられたのではないでしょうか。 ダイヤモンドプリンセス号の問題でもありましたが、日本政府の対応の遅さはにはびっくりします。 これ以上の拡大をどう防ぐのかが今後の課題ですね。 そこにさらに新たな強敵の出現です!! アフリカで発生したバッタがものすごい数になって作物を食い散らかしているみたいです。 バッタくらい殺虫剤ですぐ退治できるだろう。 と思っていましたが、動画をみて唖然とするほどの大量発生ですね。 これはマジでやばいレベルです。 「蝗害」って呼ばれているらしいのですが、今回の大量発生は異常らしいですね。 変身するバッタ その名は「サバクトビバッタ」 この今暴れまくっているバッタは、「サバクトビバッタ」という種類のバッタで、環境に応じて行動、形態、生理的特徴を変化させることが出来るらしいんですね。 これを 「相異変」という特殊能力だということらしい。 普段は「孤独相」と呼ばれる状態で、密集せずにお互いを避けあう生活を営んでいるらしいのですが、 同じ種類の仲間が増えてきて個体数が増えると、「群生相」に変化して緑色のバッタから、黄色と黒色のまだら模様になり戦闘モードのバッタに変身するんだって!! そして大群をつくるようになるみたい。 怖すぎですね!! 「群生相」 って呼ばれる 戦闘モードのバッタに変身して、 やる気満々のバッタ。 おとなしい時と、戦闘モードでは色も顔つきも変わってますね!! 目が赤くいなって、完全に仮面ライダーです!! 仮面ライダーは良いもんでしたが、このバッタは今や4000億匹の大群となった、巨大帝国の悪玉です。 ケニア、エチオピア、ソマリアなどの東アフリカで農作物を食い尽くし、食糧危機を引き起こしています。 すでにソマリアでは2020年2月に「国家非常事態宣言」を発表しています。 1300万人々が深刻な食糧危機に陥ってしまっているとのこと。 すでにバッタごときと笑っていられる状態ではないんです!! そして、中国にも飛んでくる可能性があるらしい 現在この大量のサバクトビバッタがインド、パキスタンにまで飛んできており、いよいよ中国にまで来るんじゃないかって騒ぎになっているようです。 2020年2月19日、中国経済網は、大量のバッタが襲来して農作物に被害がでているパキスタンに、中国の専門家が派遣されることになったと報じられました。 日本へ飛んでくるの? 被害は? サバクトビバッタがさすがに海を渡って日本に来ることはないと思いますが、中国で作物を壊滅的に食い散らかせば、日本に影響がでない訳がないと思われるので、対岸の火事ではないんですよね。 中国共産党もバッタのリスクは言及しているようですが、大きな被害にはならないと発言しているようです。 でもこれから繁殖期に入るようで、ますます数が増えていく事も考えられます。 ホントに大丈夫なのかな?? 「群生相」と呼ばれる、黄色に黒の斑点模様のサバクトビバッタ。 風に乗って1日に100km以上も飛ぶ飛翔能力と、約5日おきに50〜100の卵を産む繁殖能力、さまざまな植物を食べる広食性を武器に、短期間のうちに増殖し生息範囲を広げて甚大な被害をもたらす。 FORBES JAPAN 国連では6月までに500倍になるという試算もあるようで、今4000億匹で、その500倍って・・・ もう想像したくないです。 ウイルスも怖いけど、食べ物がなくなってしまうのも恐怖です。 何とかして食い止めてほしいですね。 中国のバッタ対策兵器 アヒル これはホントかどうか確認はとれていませんが、ツイッターではアヒルを10万羽用意して、バッタの駆除に充てるなんて話もあります。 バッタ4億匹 VS 10万羽のアヒル部隊 映画化しろ— ゴリライヴSP 絵だけRTマン +クソリプマン) untiiiiiikong ザッ・ ザッ・ ザッ・・・ アヒルの軍隊が動き出しましたか(笑) なんかかっこいい気もします。 頑張ってほしい!! 2020年に入ってから世界は変な方向に動いているような気もします。 時代が変わっていく中で、僕たちもいろんな事に目を向けて自分の身は自分で守れるようにしなきゃダメですね。 3月16日 バッタ続報.

次の

コロナとは別の「第3波」バッタ大量発生の悲惨な現状! バッタが「別ルート」選択か、ロシアやベトナムでも急増…本格的食糧難へ!?

バッタ大量発生 2020 日本への影響

4,000億ものバッタが中国国境へ 新型コロナウイルスの次は 「バッタ」が中国へ迫っている。 古くから「蝗害(こうがい)」といわれ中国やヨーロッパでは「天変地異」や「神々の怒り」の一種とされるなど神格化されるくらいの被害をもたらしてきました。 すでにケニア、エチオピア、ソマリアなどの東アフリカで農作物を食い尽くし、食糧危機を引き起こしています。 ソマリアでは2020年2月に 「国家非常事態宣言」を宣言しました。 私たち日本人には想像がつかないかもしれませんが、昔の話ではなく、 2020年現在の話です。 国連に バッタの専門部署があるほどバッタの被害は深刻な問題と捉えられています。 パキスタンとインドではこの バッタの大群により一時休戦との情報もあります。 昔から中国でもいくつかの戦争がバッタにより、休戦となったという記録が残っているほどです。 現在、インドのラジャスタン州という所まで、このバッタの大群が迫っています。 正確にはまだ中国大陸には到達していませんが、目前に迫っているという感じです。 パキスタンとの 国境地域です。 体調は約5cmくらいで、日本のバッタの緑色のイメージではなく、黄色っぽい色をしたバッタです。 まさに生息地はアマゾンのバッタです。 正解! — のぞみん nozomi56345634 今回大量発生してるのはこのサバクトビバッタで体長は大きくて6、7cmほどです。 あなたが言ってるのは2013年7月29日に「planet hopper」と投稿された大型のバッタです。 嘘ってバレるんですよ? — ソルアギウス soruagiusu1 この大きなバッタはアマゾン生息の別のバッタなのでこれが4,000億匹の大群で移動している訳ではありません。 サバクトビバッタの特徴としては• 自分と同じ体重の量の植物を食べる• 1日にかなりの距離を移動できる• 短期間で繁殖する というものがあります。 食べるものがなくなると 共食いするようになり、共食を避ける為に逃げたサバクトビバッタが先頭となり群れが移動しているとも言われています。 距離にして1日150kmも移動するそうです。 その億を超える数で長距離を移動しながら、草や農作物などを食べるので、食糧危機になるのですね。 サバクトビバッタのまとめ 現在までの情報をまとめると、まだ中国国境までは到達しておらず、日本へは海を渡らなければならないので、 日本に限定すれば直接的な影響はまだなさそうです。 ネットで出回っている大型バッタもデマなので騙されないようにしましょう! 新型コロナウイルスが中国から発生し猛威をふるっているので、やはり過敏になる所はありますね。 しかし、世界的に見れば、大きな問題ではあるので、今後注目が必要な 「サバクトビバッタ」です。 また新しい情報があれば追記したいと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

【バッタ大量発生】東アフリカ過去25年で最悪!原因や被害の規模はどれくらい? │ 防災の種

バッタ大量発生 2020 日本への影響

アフリカの大量発生しているバッタとは 名前:サバクトビバッタ サバクトビバッタは、日本でいうとトノサマバッタに相当するバッタです。 ですが、日本のトノサマバッタは単独行動していますが、 東アフリカのサバクトビバッタは色が茶色で団体で行動しています。 というのも。 好条件が重なって、エサがたくさんある状況で個体数が増えると、 行動や体の色、そして形態まで変わってしまいます。 サバクトビバッタは、毎日自分の体重 2グラム と同じ量の緑の植物を食べます。 食べ物は下記のように多くの種類の植物を食べます。 農作物、非農作物のいずれも食し、農被害としてはトウジンビエ、米、トウモロコシ、モロコシ、サトウキビ、大麦、綿、果樹、ナツメヤシ、野菜、牧草地、アカシア、マツ、バナナなどが多い。 さらにはバッタからの排泄物が食べ残した食物を腐らせる。 引用: 2020年は東アフリカで約4000億匹のバッタがサウジアラビアからインドまで移動しています。 標高1000メートル以上の山々は超えられないため、ヒマラヤ山脈を越えて中国から日本に来る可能性は低いです。 引用: ただ、可能性としては二つのルートがあり得ます。 ルート1:インドからの輸入品についてくる 上海税関は4月24日、梱包用木箱からサバクトビバッタが初めて発見されたと発表しています。 このように輸入でついてくる可能性はあります。 最近でも横浜港にヒアリが300匹以上も発見されたのが話題となっていますが、サバクトビバッタもインドから輸入してくる可能性は0ではありません。 ルート2:中国から黄砂を運ぶ風に乗ってくる 中国に侵入したバッタの大群が、黄砂を運ぶ風に乗って2000㎞の海を越え、日本列島へと飛来してくるかもしれません。 ですが中国とインドやパキスタンの間には高度8000メートルのヒマラヤ山脈があり、サバクトビバッタがヒマラヤ山脈を超えるのは難しく、中国に侵入することはむずかしいでしょう。 可能性としては低いですが、インド~中国の輸入で簡単に侵入することができます。 中国にサバクトビバッタが侵入する可能性は一定数の可能性はあるでしょう。 アフリカのバッタによる日本の影響 結論から言うとアフリカのバッタによる日本への影響は薄いです。 サバクトビバッタの大量発生地、インドでは小麦を食い荒らしており、その影響で世界では小麦の価格が上昇していますが、日本は政府が生産国から小麦を買い上げているため、価格に影響は出にくいとされています。 そして穀物の主な輸入先国は「 米国」「 オーストラリア」「 ブラジル」「 アルゼンチン」「 カナダ」であるため、特には日本への影響はない。 日本への影響が薄いものの、海外では相当な大打撃です。 アフリカのバッタによる現地の影響 農業生物資源研究所で、バッタの生態を研究している田中誠二さんは以前、番組で下記のように仰っていました。 「集団によっては、幅が40キロ、長さが60キロ。 面積にすると、2400平方キロメートルくらいになって、神奈川県の面積に相当する大きな集団で動くと言われています。 」 引用: 「ケニアでは、7万ヘクタールの農地が被害を受けており、エチオピアでは、穀物の40%くらいが、もうすでに食べられてしまっています。 ソマリアでは、家畜用の草がほとんどなくなってしまったというくらい深刻な状況です。 」 引用: 東アフリカのエチオピアでは20 万ヘクタール以上の農地がサバクトビバッタの被害を受けており、 100万人以上が食糧不足に直面しています。 周辺国を含めると、 その数は2000万人以上の被害とみられています。 まとめ 本日はアフリカのバッタが日本に来る可能性、影響など調査してきました! 今のところアフリカのバッタが日本に来る可能性や日本への影響はありませんが、安心できません。 ヒアリなどの外来種が日本に来ていますし、サバクトビバッタが日本に来る可能性もあります。 今後のアフリカのバッタのニュースも見逃せません。

次の