ケリン 騒動。 ケリンが炎上した理由の解説(2020/01/12の件)|音霧カナタ|note

ケリンとは (ケリンとは) [単語記事]

ケリン 騒動

お久しぶりです。 今回は久しぶりにについての記事です。 マイナスな話題ですが、思うところがあったので記事としてまとめることにしました。 ケリン炎上騒動とは? 「そもそもケリン炎上って何?ケリンはいつも爆発してるでしょ?」 その通りです。 ケリンは レミサイルエルフであり、 愛すべき馬鹿であり、 チャンネル登録者数19万人を誇る人気個人でもあります。 彼は 「ゴシップ系」であり、所謂物申す系という類の投稿者です。 動画の内容はラップバトルであり、それ自体には特に問題はありませんでした。 しかし、相手の鳴神裁に問題がありました。 私の記事で 彼の行いを列挙するのは色々とキツイものがあるので、詳しく知りたい方は彼の大百科を参照すると良いでしょう。 端的にまとめられています。 鳴神は、私の応援しているピーナッツくんとぽんぽこさんに対しても「2人は隠れ企業勢であり、卑怯だ」という 根拠の無い中傷動画を投稿した事もあります。 この件は長く尾を引き、ついに2人が 生放送で公式に否定する事態にまで発展しました。 現在は限定公開 このような経緯もあり、彼は各方面にアンチを作る存在になっていました。 そんな彼とコラボしてしまった為に、 「なぜそんな奴とコラボするんだ」 「さすがに相手を間違っている」 という批判が多く寄せられ、ケリンは炎上してしまったのです。 本来コラボは自由なもののはずです。 ケリンが内部外部問わず多くのファンから責められ、のブロック云々で揉めている状態を見て、 「どっとライブ・モンペ騒動」を思い起こした人も多いでしょう。 これもとても長くややこしい話なので、詳細は省きます。 どっとライブの騒動では、• 「推しているの コラボ相手に自分の勝手な好き嫌いを押し付ける」• 今回の件も「コラボした相手への批判の方が多い」という点で、ファンチの仕業のように見えるかもしれません。 しかし、それは違います。 状況が大きく異なるのです。 ケリンの3つのミスと最悪のシナリオ ケリンはこれまで、グループである 「」と関わりを持ってきました。 会社のCEOである 「いわなが」氏をキャター化して自身の動画中に登場させたり、ケリン本人がファンだと公言するライバーの 「エルフのえる」さんが所属していたりと、とケリンの繋がりはとても深いものがありました。 また、ケリンの動画で使われるいわなが氏の顔写真や音声素材などは 基本的に無断使用でしたが、いわなが氏はそれを許容しており、最近では 「月イチ出演宣言」までするなど「親友」と言っても良い扱いになっていました。 どういう経緯かは上記のを参照するとわかりますが、この事で 鳴神はを逆恨みして敵視しているのです。 「」と仲良くしながら、「を敵視する鳴神」とコラボ 仲良く する…… 非常にややこしい立場です。 リアルの友人関係で似たような板挟みを経験した人もいるかもしれません。 ケリンのファンにはファンを兼任している人達もおり、彼らがコラボをよく思わないのは当然です。 またケリンはupd8という事務所に所属しており、この事務所側にも 「なんでこんなコラボを許したんだ」というクレームが入ってしまいました。 無関係なのにとても不憫。 ケリンの1つ目のミスは、このような 「ややこしい立場に自ら足を踏み入れてしまった」事です。 2つ目のミスは、 「自分のスタイルを見誤った」事です。 ケリンは以前から危ないネタや時事ネタを風刺するような動画を投稿しており、これは彼のメインコンテンツでした。 ケリンが動画中で 爆破したりミサイルを撃ったりする相手は、不祥事を起こしたり犯罪を犯した人達ばかりでした。 彼らは世間の多くの人から疎まれる存在であり、いわばケリンは世論の代弁者だったと言えます。 「ケリンは悪いやつを爆破してくれる」 …そんな印象が、視聴者の中で自然と作られていたかもしれません。 しかし、今回彼がコラボしたのは「悪いやつ」というイメージを抱く人が多い鳴神でした。 今までのケリンのスタイルと食い違うようなコラボ相手に違和感を感じるファンも多く、結果的に批判が集まってしまったのでしょう。 風刺にはバランス感覚が欠かせません。 ケリンはこれまで、そのバランスを上手く見極めて活動してきただけに、この判断はミスだったと言えます。 3つ目は、 「エルフのえるさんを動画に巻き込んだ」事です。 ケリンは前述の通り「エルフのえる」さんのファンであると初期から公言しており、ぎこちないながらもで会話する等、所謂 「てぇてぇ」と言えるような関係にありました。 2人が一緒に並んでいる素敵なファンアートも多く存在します。 しかし今回、事もあろうに 鳴神とのコラボ動画の中でえるさんの名前を出してしまったのです。 この件はとてもリスキーなものです。 鳴神は以前、グループの機密情報を「内部からのリークによって知った」と語っていました。 その真偽は闇の中ですが、「リークを受けていると主張する鳴神とのコラボで、ケリンがえるさんの名前を出す」事により、 鳴神とケリンとえるさんが間接的に裏で繋がっているのではないか、 何か秘密の情報を漏らしているのではないか、というとんでもない誤解を生みかねないのです。 既にこのような 荒唐無稽な主張をしている人も少数ながら存在します。 これに対して怒っているえるさんのファンも私は実際に見かけました。 もうここまで来てしまうと、 「ラップバトル動画を純粋に評価するべき」とか 「コラボは自由」とかいうレベルでは無くなります。 このコラボをスポーツの日韓戦に例えて擁護している人もいましたが、鳴神を韓国に例えるというのは 韓国の人に対して失礼です。 ケリンは鳴神の活動内容を知っていたようですし、このように他者へ飛び火してしまう事態も予め予測しておくべきでした。 えるさんのファンなら尚更です。 私も以前からケリンとえるさんの絡みを微笑ましく見ていたので、今回 1番ショックだったのもこの点です。 最悪の場合、前述したいわなが氏を含め、 ケリンがこれまでグループやその他の関係先と築き上げてきた良好な関係が崩れる危険性もありました。 周囲の関係者への配慮不足も、今回の炎上の一因だったと言えます。 例の件について動画を投稿しました。 また彼に機密情報等、一切の情報提供などはしておりません。 お騒がせして申し訳ございませんでした。 ケリン自身が今後の活動に及ぼす影響を考えて下した結論であり、私も正しい選択だと思います。 上記のような最悪のシナリオは避けられました。 企業勢であっても対応にモタつく事がある中で、 個人勢であるケリンがこのような素早い行動をとった事は賞賛されるべきです。 しかし、このケリンのツイートへのリプライを見て、私はまた別の問題に気が付きました。 視聴者にこそが求められている 今回の件への反応の中でも非常に多く見られた意見は、 「なんでこんなに荒れてるの?ケリンは悪くない!ただラップバトルしただけじゃん」というものでした。 ファンとしては当然の反応です。 しかし、上に書いたような鳴神とケリンの置かれている立場や数々のバックボーンを知っているなら、反応はまた別のものになってくるでしょう。 「彼に機密情報等、一切の情報提供などはしておりません。 」という謝罪文がケリンから出ている時点で、どう考えても普通の事態ではないのです。 他にも 「そりゃ燃えるよ、アイツと関わったら…」という反応も多く見られました。 これは恐らく鳴神のこれまでの行為を知っている人の反応でしょう。 前者と後者の認識の差はなぜ生まれるのでしょうか? それは、 「知っているか知っていないか」の違い、つまり知識の違いです。 「なんでコラボしただけで荒れてるの?」と疑問に思ったのなら、まずその点についてよく調べるべきなのです。 そして調べた情報をよく整理し、正しい結論を導く必要があります。 これこそが、より良いファン・視聴者になるための鍵と言えます。 鳴神のような間違いだらけのゴシップ屋が支持を得てしまうのも、自分でリサーチして判断する人が少ないからです。 こういった態度は、一見すると「炎上した人に優しい」ものに映るかもしれません。 しかし実際は、 炎上した人の判断力を鈍らせ、良くない方向に無意識に誘導してしまっているのです。 クリエイターとして活動を続ける人なら誰でも、必ずネガティブな評価にぶつかります。 これらは当人にとっては辛いものであり、障壁に感じますが、 全てのネガティブな評価が役に立たないわけではありません。 クリエイター本人が気が付かなかったような問題点や、方針のブレを指摘してくれている事も時にはあるのです。 クリエイターはこれらの意見を取捨選択し、自分の活動の発展に役立てていきます。 しかし、 人はどうしても甘い言葉を欲してしまうものです。 厳しい評価に目を背け続け、先程例に出したような「一見すると優しい」意見ばかりに気を取られてそれに身を委ねてしまうなら、気がつけば 自分の目指す目標から全くかけ離れていたという事になりかねません。 このようなクリエイターはこれまで無数にいました。 そして、「君は悪くないよ」「自由にやりなよ」と言っていたファンも、「なんだかこの人最初に思ってたのと変わってきたな」と思えば、何時でもと離れていってしまいます。 ファンとは気まぐれで無責任なものなのです。 クリエイターだけでなく、当事者である私たちファンや視聴者も、常にこの事を念頭に置いている必要があります。 決して「全肯定」ばかりが正しい応援の方法ではありません。 逆に、 独りよがりに厳しい言葉をかけるようなことも論外です。 相手をコンしようとすることは 視聴者のエゴに他なりません。 時には厳しく、時には優しく、状況に応じてバランスの取れたやり方で応援するべきだと私は考えます。 そして、状況に応じた意見をフィードバックするためには、やはり知識が必要になってくるのです。 今回の件を追っていて知りました。 推しを破滅させる盲目の騎士になりたいとは誰も思わないでしょう。 V界隈に「自分で調べて判断する」という良い習慣が根付くことを、私は願っています。 aidnoyatsudayo11.

次の

ニコニコ大百科: 「ケリン」について語るスレ 5941番目から30個の書き込み

ケリン 騒動

ケリンさんは、ダークエルフをモチーフにしたVTuber。 女性キャラクターが多いVTuberにおいて、男性ソロVTuberとして2018年2月に活動をスタート、同年10月には、VTuber支援プロジェクト「」に参加している。 キャラクターとしてはミサイル開発を趣味としており、動画内ではことあるごとに「 ブチ飛ばしていくぜえ!」の掛け声と共に、実在の人物や建物、VTuberたちをミサイルで爆破。 異様なテンションと狂気、ダンディな声が人気を集め、チャンネル登録者数は18万人を超える。 やや過激にも見える映像は、一方でチープかつテンポの良い編集が好評。 往年のMAD動画を想起させるのか、新たにつくられる動画はニコニコ動画での人気も高い。 埼玉出身の21歳であることを明かす 重ねてお騒がせして申し訳ありません 今回の騒音被害の疑惑の件ですが、間違いなく私です。 顔は明らかではないが、声はケリンさんそっくりだ。 動画では、年明け1月に明るみに話題なり、結果的に自身が引っ越すに至った隣人との騒音トラブル()について、最善さん自らが謝罪。 なお、現在は防音設備の整った新居に引っ越しているという。 その上で、実際は2019年5月から騒音トラブルが発生していたこと、深夜に動画収録をしていないこと、警察による警告は無視していないなど、ネット上で出回っている誤情報を否定した。 さらに自身の生い立ちを語り、埼玉出身の21歳で高卒であり、不倫をきっかけに両親が離婚しているなど、知られざる家庭環境が語られた。 バーチャルYouTuberのカルチャーでは登場初期、「 中の人」に関する言及や話題は禁忌とされていた。 しかし、多様化が進む過程で「中の人」を公開するケースや生身のYouTuberと変わらないような実写を用いた動画コンテンツも増えており、そのムードも揺らぎつつある。

次の

ヤミクモケリン

ケリン 騒動

まず言っておきたいのは、自分は鳴神裁が嫌いです。 自分が推しているピーナッツくん、ぽんぽこに対して「個人勢と言っているが本当は企業勢」というデマを流して、ぽこピーがその釈明をする、といった当り屋のような事を行った害悪vtuberであると自分は認識している為、 「鳴神は悪くない!」といった意見に対しては全く賛同出来ません。 ファンが「鳴神と関わるな!」と思う気持ちも分かります。 口に出すのかどうか、直接本人に物申すかどうかはファンのモラルの問題なので、そこはファン一人一人に起因しますから、「勝手にどうぞ」、といった感じです。 今回自分がこの騒動で疑問に感じたことは 「ケリンは一体何に対して謝っているのか?」 ということです。 率直に全く謝る必要がないと思いました。 別に悪い事してないし。 鳴神裁本人がデマ野郎である事実は変わりませんが、鳴神がケリンを脅したり騙したりして動画を作らせたのならいざ知らず、同意してコラボしたのであれば鳴神に非はありません。 ケリンが鳴神の普段の活動を知らずにコラボしたのであれば、クリエイターとして自らの作品に対して余りに不誠実であり、その程度のアンテナしか張っていなかっただけの鈍い人間だったというだけ。 知っていてコラボしたのであれば、動画を出した後の反応も想像出来ない、尚更鈍い人間だっただけ。 そこにわざわざ謝罪動画を出す理由が自分には分かりません。 ファンに対して 「皆の意見を聞いてもう鳴神とは関わるのを止める」 と宣言するなら分かりますが、そこに謝罪は必要ありません。 にじさんじの「いわなが」や「エルフのえる」に関しても、鳴神とコラボすれば関わりにくくなる可能性がある事位、普通に考えれば分かる事で、その覚悟も無くコラボしていたのだとすれば、それは自己責任であり、そこに対して周りからとやかく言われるかもしれませんが、コラボしても良いと思って動画を作ったのであれば、別に謝る必要はありません。 upd8に関してもそれでとやかく文句を言われるかもしれませんが、なら事務所なんて止めて好きな動画を出せば良いだけ。 謝る必要はありません。 今回の炎上の様なものが発生した理由は理解出来ますが、謝罪は全く必要ない。 自分は今回の謝罪によって 「 クリエイターが自らの創作理念をファンに委ねてしまった」 と感じました。 自分はvtuberであっても一人一人がクリエイターであると認識しています。 クリエイターが自らの作品に対して批評され、その意見について自分の考えを述べる事はありますが、自らの作品について謝罪をするという事は、それらとは異なる「 作品に対する向き合い方」の問題がそこ内在しています。 人に何を言われようが自分が面白いと思ったものを表現し、世に出したいと思うから自ら創作を行う訳で、何か依頼された仕事で仕方なくやっている訳ではない限りそれは不変だと考えます。 しかし今回ケリンは自らの作品について謝りました。 「色んな人に迷惑かけている人とコラボして、色んな疑念を抱かれる軽率な行動でした。 ごめんなさい。 ファンの顔色を窺い、周りの関係者の顔色を窺い、自らの創作物を否定しました。 謝罪動画の中でケリンが、 「鳴神とコラボした結果、奴との化学反応で納得できる動画が出来たが、俺の予想に反し、沢山の視聴者さんを失望させてしまった。 よく考えずに軽率にコラボしてしまった。 俺に非が、十二分にある。 これからは、コラボ相手を慎重に選び、皆さんにとってよりよいコンテンツをお届けさせていただきたいと思います。 」 と発言していましたが、 「皆さんにとってより良いコンテンツ」なんてクリエイターが言い始めたらいよいよ終わりです。 「皆さんにとって面白いコンテンツ」なら分かります。 「皆さんにとって より良いコンテンツ」って一体何を目指しているんでしょうか。 「奴との化学反応で納得できる動画が出来た」と自ら発言しているのに、それを後から覆すなんて、クリエイターとしての矜持もプライドも感じられません。 謝ってファンや周りの声は収まるかも知れませんが、今後彼の動画を見ても、それが彼の本心から作りたかった動画なのか、ファンの顔色を窺って作った動画なのか、という疑念が頭を過る様になりました。 ケリンは見ている人間に自らの創作を委ねてしまいました。 謝って周りの声は収まるでしょう。 でも彼は謝ることでもっと大切なものを失ってしまった様に思います。 率直に言います。 「ダセぇ」よケリン。 納得できた動画について謝るのもダセぇ。 ラップやっといて自分のリリックと真逆の行動とっててHIPHOPのカケラも感じ無くてダセぇ。 鳴神とコラボしたらこんなことになる事を予想出来なかったのもダセぇ。 これまであんだけ北朝鮮や他人の写真や声を使ってめちゃくちゃやっといて、騒がれたらすぐ謝るのもダセぇ。 今回の騒動でケリンが炎上しない絶妙な所を突きながら自分の作風を貫き通すクリエイターかと思ったら、周りの顔色を窺って客観的に作品を見れていないだけの人だと分かりました。 誰も得しない今回の騒動。 クリエイターなら自分を貫けよ。

次の