コロナ 岡崎 市。 ウイルス飛沫感染予防透明ボード”コロナシャッター” <岡崎市 飯田樹脂> アクリル樹脂製

新型コロナウイルス、愛知県岡崎市で住民説明会 藤田医科大学岡崎医療センターの感染者受け入れで

コロナ 岡崎 市

愛知県岡崎市に住む70代と50代の親子が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。 母親は感染が確認された蒲郡市の整体師から施術を受けていました。 愛知県内の感染者数はこれで104人となり、死者は4人です。 感染が確認されたのは、岡崎市に住む70代の母親と50代の息子です。 70代の母親は、3月3日に感染が確認された整体師の80代の男性から2月17日、24日、26日に施術を受けていたということです。 岡崎市によりますと、女性は新聞報道をみて11日、申し出たということです。 そして、同居の50代の息子も11日、感染が確認されました。 2人とも容体は安定しているということです。 11日は名古屋で死者も確認され、県内では4人が亡くなっています。 また、県内の感染者は104人となりました。

次の

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

コロナ 岡崎 市

最終更新日令和2年5月27日 | ページID 026212 園児・児童・生徒及び保護者への支援 市立小中学校給食費の無償化 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により生じた家計の負担の軽減を図るため、学校給食費の無償化を実施します。 1 対象 市立小中学校の児童生徒 2 無償化期間 学校給食再開後から9月まで *詳細は、「」を参照 <担当:教育委員会事務局総務課 電話:0564-23-6863 FAX:0564-23-6558> 公私立保育園・こども園・私立幼稚園の給食費無償化 公私立保育園・こども園・私立幼稚園の給食費について、緊急事態宣言が解除された場合には、新型コロナウィルス感染症による家計の負担の軽減を図るため、3歳から5歳までの園児の給食費を無償とします。 1 期間 緊急事態宣言が解除された翌月から9月まで 2 対象施設 ・公立保育園35園 ・公立こども園3園 ・私立保育園18園 ・岡崎市在住の子どもが通う市内・市外の私立幼稚園、私立こども園 3 その他 利用している施設に対して、手続きの必要はありません。 *詳細は、「」を参照 <担当:こども部保育課 電話:0564-23-6144 FAX:0564-23-6540> 学校臨時休業中のオンライン学習環境の整備 新型コロナウイルス感染症拡大防止のための小中学校の臨時休業期間における学びの充実のため、次のとおりオンライン学習の環境を整備します。 1 「オンライン個別最適化学習ソフト」の導入による学びの保障 ・児童生徒が、個別最適化された問題に自分のペースで取り組むことができます。 ・学習履歴の確認やメッセージの送受信により、つながりのある学習指導ができます。 ・5月下旬の導入を目指し、「岡崎版GIGAスクール構想」にも継続させます。 2 「おかざきッズ学びの応援サイト」の開設と自作教材ビデオなどの提供 ・「おかざきッズ学びの応援サイト」で、有用な学習コンテンツを紹介します。 ・岡崎の映像資産である自作ビデオ教材を教育ポータルサイトから見ることができます。 教育ポータルサイト ・令和2年4月30日(木曜日)にサイトを開設し、自作ビデオ教材などの提供を始めます。 <担当:教育委員会事務局総務課 電話:0564-23-7959 FAX:0564-23-6558> 市立小中学校における感染症対策 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、市立小中学校において次のとおり感染症対策を図ります。 1 リモートPC機能「OKアクセス」による教職員の在宅勤務の実施 ・職場のPCに安全にリモート接続をして、円滑に業務を行うことができます。 ・分散での勤務や柔軟な働き方の実現につながります。 ・令和2年4月20日(月曜日)より試験的運用を始めています。 2 教職員による自作フェイスシールドの着用 ・教職員がフェイスシールド3,000枚を自作し、学校再開後の教育現場で着用します。 ・作成費用約50万円 3 マスクの配布 ・寄附いただきましたマスクを各小中学校に備え置き、マスクを忘れた児童生徒たちに渡すなど感染症対策に活用します。 ・既に寄附いただきましたマスク約40,000枚(うち子ども用マスク3,000枚)は、危機管理用として各学校に配布済みです。 <担当:教育委員会事務局総務課 電話:0564-23-6622 FAX:0564-23-6558> 事業者への支援 愛知県・市町村新型コロナウイルス感染症対策協力金 【県・市連携事業】 1 概要 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、県の休業協力要請に全面的に協力いただける中小事業者に対し、協力金を交付する。 (県1/2、市1/2) 2 対象者 休業協力要請期間中に休業要請又は営業時間短縮に全面的に協力いただける地元中小事業者で以下の要件を満たすもの ・県内に事業所があること ・中小企業又は個人事業主 ・休業要請業種であること ・営業時間短縮(朝5時から夜8時まで)を行っていること 3 支給額 50万円(1事業者当たり) 【市単独事業】 1 対象者 県が示した対象業種に含まれているにもかかわらず、50万円を支給されない事業者で、4月25日から5月6日までの間、休業要請または営業時間短縮に全面的に協力いただいた市内の中小事業者 2 支給額 25万円(1事業者当たり) *詳細はを参照 <担当:協力金相談窓口(観光推進課) 電話:0564-23-7690 FAX:0564-23-6731> 生活支援 水道料金の基本料金の減額 岡崎市では、新型コロナウイルス感染症の拡大により日々の生活に多大な影響を受けている市民の皆様や事業者を支援するため、水道料金の基本料金の80パーセントを減額します。 水道事業は、日頃より健全経営に努め、令和元年度の決算においても健全な財政状況を維持できることが見込まれていることから市民生活及び経済活動の支援を実施するものです。 1 内容 水道料金のうち基本料金の80パーセントを減額します。 2 対象件数(令和2年3月31日現在) 169,541件(家事用157,212件業務用12,329件) 3 減額期間 6カ月間(令和2年7月請求から3期分) *詳細は、「」を参照 <担当:上下水道局経営管理課 電話:0564-23-7559 FAX:0564-23-6368> 国からの特別定額給付金 国からの特別定額給付金(1人につき10万円)について、以下のとおり本市の体制を整備し、準備を進めます。 1 組織体制 「特別定額給付金事業室」を設置 4月24日付 室長以下6人体制 2 給付時期 ・4月24日(金曜日)にコールセンター(0564-23-6911)を設置。 ・5月中に申請書の発送・受付等を順次行う予定。 <担当:特別定額給付金事業室 電話:0564-23-6911 FAX:0564-23-7987> 保健所の体制強化 新型コロナウイルス感染症に関する相談件数や調査件数等の増加に適切に対応するため、以下のとおり保健所の体制を強化しました。 ・保健師を9人増員(4月20 日付)・・・相談体制強化 ・事務職員を2人増員(4月24 日付)・・・新型コロナウイルス対策に係る事務業務の強化 <担当:総務部人事課 電話:0564-23-6002 FAX:0564-23-6546>.

次の

新型コロナウイルス、愛知県岡崎市の住民に懸念の声 藤田医科大学岡崎医療センターの感染者受け入れで

コロナ 岡崎 市

最終更新日令和2年5月26日 | ページID 025575 最新情報 新型コロナウイルス感染症についての最新情報については、下記ホームページでご確認ください。 ・ ・ 新型コロナウイルス感染症患者の発生について 岡崎市内の新型コロナウイルス感染症患者発生状況については以下のページをご覧ください。 ・ 新型コロナウイルスPCR検査件数について 岡崎市が実施した新型コロナいウイルスPCR検査件数については以下のページをご覧ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 (新しいウィンドウで開きます) 市民の皆様へお願い 新型コロナウイルスの感染拡大は接触感染が大きな原因と考えられており、風邪やインフルエンザなどの対策同様、基本的な感染症対策が有効であるとされています。 具体的には、たくさんの人が集まる場所に出かけるときや咳が出るときはマスクを着用する、咳エチケットや手洗いの徹底、アルコール性の手指消毒薬の使用などです。 新型コロナウイルス感染症について正しい認識を持ち、過剰に心配することなく、基本的な感染症対策に努めていただくようお願いいたします。 ・複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。 ・医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 詳細につきましてはのホームページをご覧ください。 ・ ・ ・ ・(藤田医科大学岡崎医療センターのホームページに移動します。

次の