秋元銘柄。 祝!メタップスが秋元銘柄になった!メタップス株主にすごく嬉しいIR!

祝!メタップスが秋元銘柄になった!メタップス株主にすごく嬉しいIR!

秋元銘柄

「Gettyimages」より 株式市場には「 秋元康関連銘柄」と呼ばれるものがある。 プロデューサーの秋元康氏が関与するサービスや事業を手掛ける上場企業の総称である。 秋元氏が手掛けるアイドルグループといえば「AKB48」「乃木坂46」「 欅坂46」などが有名だが、そうしたアイドルグループと関連する商品やゲームアプリなどを提供している企業を指す。 電子雑誌を展開するブランジスタ(東証マザーズ上場)が2016年、市場の関心を集めた。 秋元氏が総合プロデュースするスマホゲーム「神の手」を提供。 AKB48や乃木坂46などの関連限定商品が獲得できることから大人気となった。 ブランジスタの親会社ネクシィーズグループ(東証1部)の近藤太香巳社長は「神の手」について「ユーザーが200万人いれば、月間100億円、年間で1200億円を売り上げる」とした。 ブランジスタの株価は「神の手」発売前から暴騰し、16年5月16日には1万5850円の最高値をつけた。 同年初(1月4日)の終値1462円の10倍に大化けし、テンバガーを達成した。 テンバガーとは株価が10倍になった銘柄のことだ。 テンバガー銘柄が誕生したことから、秋元関連銘柄という言葉が広まった。 市場では以下の企業が秋元関連銘柄といわれている。 スマホ向けアプリのイグニス(東証マザーズ)、VR(ヴァーチャルリアリティ)領域を手掛ける子会社のパルスに秋元氏が資本参加し、中国の芸能事務所と提携している。 スマホアプリのenish(東証1部)は欅坂46の関連公式ゲームアプリ「欅のキセキ」を提供している。 鉄道など交通関連や位置情報のビーマップ(JASDAQ)はJR東日本企画、秋元氏の親族が経営する企業と共同で新会社を立ち上げた。 パチンコ機器の携帯電話向けコンテンツのコムシード(名証セントレックス)は、WEARE(非上場)と資本提携した。 WEAREはエムアップの子会社で、乃木坂46の公式アプリを運営している。 歌手のファンサイトを運営するITベンチャーのエムアップ(東証1部)は、秋元氏が特別顧問になっているEMTG(非上場)と資本業務提携したことから、秋元関連銘柄の仲間入りをした。 EMTGは転売防止、オークション対策を施した電子チケットを扱っている。

次の

秋元康銘柄となったKEYHOLDER株・・あなたは買いますか、売りますか〜春の嵐〜

秋元銘柄

乃木坂46 アイドルグループ、SKE48を運営する親会社のKeyHolderが14日、ノース・リバーの全株式を取得する方針であることを発表した。 KeyHolder側の発表によると、すでにノース・リバーの株主との間で基本的な合意に達しており、6月上旬には株式譲渡契約を締結して、7月1日の株式取得を目指すという。 「乃木坂LLCはノース・リバーとソニー・ミュージックレーベルズが共同で運営していて、特に前者は乃木坂の楽曲の著作権管理を担っています。 KeyHolder側の発表通りに事態が推移すれば、秋元氏は保有する全株式を失うことから、乃木坂ファンの間では『(秋元氏と乃木坂は)ソニーに見捨てられたのか?』といった声もありますが、事態はそう単純ではありません」(週刊誌記者) 実は秋元氏は、2018年6月18日にKeyHolderが実施した第三者割当による新株予約権の募集で、この権利を得ている。 新株予約権とは、企業が発行する株式をあらかじめ決められた価格で取得する権利のこと。 あらかじめ決められた行使価格を時価が上回っている場合、権利行使すれば利益が得られ、逆に行使価格を時価が下回っている場合は権利放棄すれば損失を確定できるため、投資家にとっては損失を限定しつつ利益を得られる有利な権利だ。 秋元氏が得た新株予約権は、1株当たり125円で約2500万株分を権利行使できるというものだった。 「JASDAQに上場するKeyHolderの株価が上昇すれば、秋元氏は巨額の含み益を手にすることができるため、当初は『有利な条件で新株予約権を得た』との声がもっぱらでした。 そうなると、秋元氏としては含み損を抱える恐れも出てくるわけです」(同) そして、これが現実のものとなった。 今年2月17日までは80円台で推移していたKeyHolder株が、同28日に62円の終値がついたのだ。 新型コロナウィルスの感染拡大で、傘下にあるSKE48のライブやイベントの延期・中止が相次いだため株価が急落。 「出資者の秋元氏としては、巨額の評価損を避けるためには、KeyHolderの株価を引き上げるしかありません。 アイデアマンの秋元氏であれば、同社の業績向上のための方策を打ち出すことも十分可能。 新株予約権の放棄が叶わなくなっても、本来ならさほど心配する必要はなかったかもしれません。 しかし、コロナ禍によって、芸能というビジネスモデル自体が見直しを迫られ、先行き不透明になっています。 下手をすれば、権利行使期間中に株価が行使価格の125円を上回らない可能性もあり得ます。 そこで自身が株主のノース・リバーをKeyHolderに買収させることで、手っ取り早く株価を引き上げようと考えたのでしょう。 あくまでも、秋元氏の懐事情による買収劇、という見方もできるのだ。

次の

2つの「カクド」で銘柄選定 秋元氏(運用の達人) :日本経済新聞

秋元銘柄

実はの多額発生が去年起きたと聞いて、 3月に信用買したら 今年はなんて全然発生しなくて 密かに損失を出していた涙、 でもして売ってしまったKEYHOLDER株。 もともとにはゲームセンターにはまっていた 十数年前通っていた思い出があるのですが。 いつのまにかKEYHOLDERなんていう会社名になっていて。 突然アロママッサージの店を買収して、 その会社のアロマトリートメントの無料券が となり、それをで生活する男、 でおなじみの桐谷さんが日テレで紹介した結果 にわかに注目を集め、でも会社自体は業績が芳しくない。 だから長期で持つ勇気はなくって 3月に買って結局損して優待も諦めて。 だけどは欲しい人が多く、 3月の優待獲得に向け、1年で1度だけ盛り上がる、 もしくは、安い株価の銘柄あるあるで 時々みたいになって突如上げ下げする、 そんなのおもちゃ期間以外は ちょっと忘れがちな銘柄だったのですが。 突如ヤフーの板に 銘柄であるという書き込みがなされ その不確かな情報で株が突然上がり、 会社が否定リリースを出し、 なんとその後やっぱり銘柄であることが 判明し、やっぱり大人の言うことって信じちゃいけないよね ってなかんじで今激しくバトルが起きています。 今のところ見てるだけ。 でも、銘柄になって業績がよくなるんでしょうか。 もしかしたら大きなお金が生まれるのかな。 わからん・・・ まあでも今の株価バトルって 将来この会社が大きく業績を回復させるか否か、 っていうところとは全く違う、の おもちゃということでしかないんだろうな、多分。 なんか大口が売りを大量に仕込んだりしている噂もあり それに抗って買い勢力も負けじと、みたいな。 メルカリ株も上場したばかりだけど、 なんかぱっとしない値動きで、さんは もっと安くて激しい値動きのこのキーホルダー株が 今お好きなんですね、きっと。 自分は・・・やっぱり買って下がったら怖い、 業績がよくない会社だからね。 でも売って勝負をかけるほど上がってもないしな、 売って爆上げした時のリスクが大きくて・・・ なんて言っているうちに結局は見てるだけ。 みんなこの株、手がけてますか? 高速売買がお得意の方には 今アツイ銘柄なんだろうなあ shufudatte.

次の