業務 スーパー ホイップ クリーム。 業務スーパーのスプレーホイップクリームは美味しい!

業務スーパーの生クリームの種類・値段・使い方は?ホイップ/冷凍/液体

業務 スーパー ホイップ クリーム

今回レビューする 業務スーパーのスプレーホイップクリームはちょっとあっさり目という感じの美味しさです。 ケーキなどに使われているようなこってりタイプの生クリームを想像されるかもしれませんが、 どちらかというとカフェで使われているようなあっさりタイプ寄りのクリームです。 栄養素の違いかなとも思いましたが、さほど他の会社と差があるようにも思えませんでした。 ただ、そこまであっさりとしているかというとそうでもなく、丁度良い絶妙な位置になってくれております。 そんなことから、スイーツをたくさん食べたい方にはおすすめの内容となっております。 また、持ち帰りの際にすぐに使いたい方はなるべく冷たいものの横に置いておくようにしましょう。 そういうのも、スプレーホイップクリームは冷やさないとあまり出なくなってしまいます。 なおかつ、女性であれば最初ボタン部分が固いので、出すのに少し苦労しそうです。 ちなみに、最後まで使い切ると音が 「ブブブゥーボフゥー」という音になるので、深夜テンションで使うとちょっと笑いが出てきそうになります。 ただ、こんな人はまずいと思うかもしれません。 本当の生クリームというものを求めているのであれば、あっさりすぎて物足りなさを覚える方は少なくありません。 スプレーホイップクリームのカロリーと栄養素について カロリーはこんな感じです 総合カロリーは100gあたり296kcalで、たんぱく質は2. 0g、脂質27. 5g、炭水化物は11. 0g、ナトリウムは30mgです。 そして全部食べた場合は250g入りなので総合カロリーは740kcal、たんぱく質4. 0g、脂質68. 75g、炭水化物27. 5g、ナトリウム75gとなりました。 業務スーパーのスプレーホイップクリームはこんな人におすすめ さて、業務スーパーには冷凍タイプのホイップクリームと スプレーホイップクリームがありますが、今回レビューしているものはどんな方に向いているかというと、まずは 衛生面が気になる方です。 他のタイプのクリームならば使った後など 口を拭いておかないとカビが生えたりする可能性があります。 また、仮に拭いたとしても、その口が何についたか分からなかったり、不特定多数の方が使うとなれば衛生面が保てません。 しかしながら、こちらのものは取り外して洗って乾燥させることも出来るために、来客やお店で出す場合、学校でのイベントなどに使う場合にもおすすめです。 もちろん、個人にもおすすめでスイーツを作るけど頻繁には作らない方や、気軽に使いたいというような方にはまさにぴったりのものです。 場所もあまり取らないので、冷蔵庫が圧迫されかけているよという方にとっても便利なものです。 食べ物の写真を撮るのが好きな方ならば、それだけでも見栄えがグッと上がります。 なんとなく盛り方が雑なのは筆者は男性のため、お許しください。 単に生クリームが大好きな方はカロリーなどは気にせずお皿に盛りまくってチョコレートソースなどをかけたり、ジャムなどと一緒に混ぜたりして楽しむのも良さそうです。 筆者も一度、生クリームだけを満足するくらい食べたいと思って、やってみましたがそれはもう幸せな時間でした。 業務スーパーさんありがとうと感謝感激です。 また、ほっと一息の空間や友達や彼氏や彼女が来た場合にはコーヒーにホイップクリームを浮かべてあげてちょっとした楽しい空間を作ってあげるのも良さそうです。 ちょっと注意点がありまして、それは熱過ぎるものの上にクリームを乗せると、とけやすいのでその辺りだけは把握しておきましょう。 最後に個人シチュエーションだとなると、ホットドッグ用などのパンや食パンなどを準備しておいて、朝にそれにスプレーホイップクリームを好きなだけ乗せて楽しむというのも良いです。 筆者も何度か試したことがありますが、生クリーム好きだけに毎朝これを食べていました。 業務スーパーのスプレーホイップクリームとアマンディホイップ この記事を書いて、結構な期間が経ちましたが、業務スーパーには冷凍のホイップクリームも販売されております。 それについて比較した結果を書いてみると、正直業務スーパーで買うならば、スプレーホイップクリームに筆者は一票を投じます。 その理由としては、冷凍していることが前提で使うものとなっているので、微妙に溶けかけていたら、おいしく食べることが出来ません。 生クリーム好きにとっては微妙な結果を招いてしまいます。 パーティーの時にそのまま放置しておくなんてとんでもないことです。 そして、アマンディホイップと比較してみても、アマンディホイップの方がおよそ60kcalほど高かったです。 わざわざ業務スーパーの冷凍の生クリームを買う意味が個人的にはないと思います。 それならば、液体のホイップクリームの方がおいしく食べることが出来ます。

次の

業務スーパーの生クリーム!冷凍のホイップクリームの値段なども紹介

業務 スーパー ホイップ クリーム

業務スーパーの生クリームの中では、汎用性が高い定番の「液体タイプ」が人気です。 液状になっているので、お菓子だけでなく幅広い料理にも使用できます。 業務スーパーの液体生クリームは植物性の生クリームでも比較的コクのある風味なので、料理に加えれば味に深みを出せるでしょう。 また、他のタイプの生クリームよりも容器がコンパクトサイズで、冷蔵保管場所に困らないということも人気の理由です。 さらに、ホイップクリームにして使う場合は手間暇がかかるという難点がありますが、その分価格が安く、砂糖の量やフレーバーの調整も好みで行えるという利点もあります。 軽い生クリームがすでにホイップクリームになっており、絞り袋が容器になっているので、ホイップクリームをすぐに使いたい時に便利でしょう。 しかし、解凍に冷蔵庫で約2時間置く必要があるので、使う前には時間調整に注意しましょう。 解凍には少々時間がかかりますが、1,000㎖で285円と業務用スーパーの生クリームの中でもコスパが特に良いので、急遽大量に生クリームが必要な時に最適です。 また、冷凍状態なので賞味期限が比較的長いことでも、使いやすいと人気を集めています。 始めからホイップクリームになっているので、砂糖の量や味を変えることはできませんが、誰もが満足できるコスパはとても魅力的でしょう。 コンパクトのスプレー缶に入っているタイプの生クリームで、軽い風味のホイップクリームがスプレー状に出てきます。 手を汚さずにホイップクリームの量を微調整しながら出せるので、少量のホイップクリームが必要な時に特に便利です。 また、密閉容器に入っていてしっかり栓をすれば、衛生面が気になる人も安心して繰り返し使うことができます。 味の調整はできませんが、ワッフルやパンケーキなどのトッピング用のホイップクリームとして大活躍するでしょう。 植物性生クリームであっさりした風味なので、ダイエット中の方や重い生クリームが苦手な人にぴったりでしょう。 業務スーパーには、液体タイプやスプレータイプなど様々な形状の低脂肪生クリームがあるので、自分が使いやすいものを選べます。 特に液体状の低脂肪生クリームは砂糖の量も調整できるので、カロリーが気になる人に特におすすめです。

次の

業務スーパーの生クリームの種類・値段・使い方は?ホイップ/冷凍/液体

業務 スーパー ホイップ クリーム

業務スーパーの生クリームは植物性と動物性の2タイプ 業務スーパーで売られている生クリームは、植物性と動物性の2種類。 まずはこの2つの植物性・動物性2つの生クリームの違いについて見ていきましょう。 あっさりとした軽い味わいが特徴のクリームで、色も動物性生クリームよりも白いことが特徴です。 植物性の生クリームは『生クリーム』と表記することはできず、『ホイップ』や『フレッシュ』などと表記されています。 さらに乳脂肪分が18%以上あるものを『動物性生クリーム』と呼ばれます。 動物性生クリームは植物性生クリームと比べるとコクがあり、濃厚な味わいが特徴です。 ほんの少し黄みがかっていて、舌触りもまろやかでリッチな風味を感じることができます。 業務スーパーにある生クリームの種類 業務スーパーでは次の 4タイプの生クリームを購入することができます。 冷凍タイプ• 液体タイプ• ホイップタイプ• スプレータイプ こんなにいろいろな種類の生クリームが買える業務スーパーは、本当に便利! 用途に合わせて好みの生クリームを選んでみてくださいね。 常温で自然解凍すればふんわりと柔らかいホイップクリームになりますよ。 パンケーキやコーヒーのトッピングにもピッタリです。 お菓子作りなどで生クリームがたくさん必要な時は業務スーパーが便利ですね。 もちろん普通の量の生クリームも売っていますよ。 手作りケーキのデコレーションなどには、すでにホイップされているクリームはとっても便利ですよね。 ホイップタイプの生クリームも、量は業務スーパーらしい大容量! ケーキワンホールなら、これ1つで十分デコレーションできそうですね。 スプレータイプの生クリームは缶のまま常温で保存可能なので、冷凍タイプよりももっと簡単に使えそうです。 スプレータイプの生クリームは、普通のスーパーではなかなか見かけませんよね。 探していた、という人は業務スーパーをチェックしてみてくださいね。 『ホイップトッピング』はすでに加糖されているので、そのまま泡立てればクリーミーなホイップクリームに仕上げることができます。 お菓子作りやケーキのデコレーションなど、加糖ホイップを使えば時短にもなりそうですね。 量は業務スーパーならではの1Lという大容量です。 定番の生クリームも業務スーパーは大量に一括仕入れをするため、ややお安く購入できるのが魅力。 スジャータの生クリームは植物性の低脂肪タイプだけでなく、いくつか種類があるので好みのものをチョイスしてくださいね。 雪印メグミルクの『フレッシュ』は、純乳脂肪ということでリッチな味わいが特徴の生クリームです。 お菓子作りはもちろん、スープやグラタンなど幅広く使うことができそうですね。 前の項目で紹介したように、雪印の生クリームは大容量のものもあるのでチェックしてみてください。

次の