あご にきび 原因。 顎にできる「しこりニキビ」の原因は? 顎ニキビの対策とケア方法

治らない顎(あご)ニキビができる3つ原因と治し方!!

あご にきび 原因

顎のしこりニキビが繰り返す・痛い… 顎ニキビは、顔のニキビの中でも目立ちやすく、人目に付く部位と言えます。 ただでさえ目立つ場所にニキビができてしまった上にひどい痛みを伴う。 「ようやく治った」と思っても、気付けばまた同じ場所に再発する。 睡眠不足が続いた時や対人ストレスの強い時、生理前後など特定のタイミングでしこりニキビを繰り返す、女性もいます。 さらに、顎のしこりニキビは、激痛を伴うことも多い点が悩みの種です。 メイクや洗顔を行う際にうっかりニキビに触れてしまうと、ひどい痛みが走ります。 「せめて、赤みを隠したい」とファンデーションを厚塗りしたりカバーテープを使用したりして、負のループに陥ることもしばしば。 しこりニキビが気になるとトレンドメイクに挑戦しても気持ちが晴れず、コンプレックスを抱える女性も多くいます。 しこりニキビとは? しこりニキビは、白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビが悪化し、大きく腫れ上がったニキビです。 言わば、ニキビの最終形態のようなもの。 毛穴の周辺まで炎症が広がり、硬いしこりができてしまいます。 この「しこり」は、肌の深い部分まで届いてしまった傷跡を修復すべく作られた細胞の集まりです。 ダメージが深刻であるほど多くの細胞を作り出し、修復を急がなくてはなりませんから、大きなしこりができてしまいます。 なお、しこりニキビと粉瘤は、全く別のトラブルです。 ニキビのしこりはどれほど大きくなっても数ミリ程度に納まる可能性が高く、粉瘤ほどの大きさにはなりません。 粉瘤を放置するとさらにしこりが大きくなって、数センチ以上の大きさに悪化するケースもあります。 しこりニキビか粉瘤かの判断に迷う場合は皮膚科を受診し、専門家に相談しましょう。 顎のしこりニキビの原因3個 これほどまでに私たちを悩ませるしこりニキビの原因は、一体どこにあるのでしょうか。 また、「なぜ他の部位ではなく、顎にできてしまうのか」という疑問を持つ人もいることでしょう。 顎のしこりニキビを繰り返す原因は、大きく3つ考えられます。 ホルモンバランスの乱れ まず、ホルモンバランスの乱れです。 顎のニキビは、ホルモンバランスの乱れによって増加することが多く、生理周期や更年期、過剰なストレスなどの影響を顕著に受けます。 ホルモンバランスの乱れは、皮脂分泌量が増加したり水分不足を起こしたりする原因の1つ。 肌の中の水分・油分のバランスが崩れてしまうと刺激に対する抵抗力も下がりますので、アクネ菌が繁殖しやすく、ニキビリスクは増加します。 誤ったニキビケア 次に、ニキビケアの誤りです。 初期ニキビの段階で適切なニキビケアを行い、重症化を阻止することが可能であれば、しこりニキビができることはありません。 以下のようなお手入れを行うことでトラブルをこじらせてしまうと、しこりニキビができてしまいます。 ・思春期ニキビ用の洗顔料でゴシゴシ洗う。 ・油分を含む基礎化粧品の使用を辞めて、さっぱり系の化粧水しか使わない。 ・顎ニキビをマスクで隠す。 ・油取り紙をこまめに使う。 顎のしこりニキビを含む大人ニキビに対するケアと思春期ニキビに対するケアは、根本的に異なります。 思春期ニキビ用の洗顔料を使用したり、油分を抑えるお手入れに注力したりといった10代や20代で行ったニキビ対策は卒業し、大人ニキビに適したケアを行うことで、しこりニキビを予防しましょう。 酸化ストレス 酸化ストレスを感じた身体は活性酸素を発生させて、自分自身を守ります。 活性酸素は、コラーゲンやエラスチンを破壊し、しこりの悪化を招く1つの要素。 酸化ストレスが高いほどしこりニキビができるリスクも高く、トラブルを繰り返す原因です。 医療機関で行う治療の選択肢は、以下のような内容です。 保険適用 塗り薬 外用抗菌剤やコメド治療薬、ステロイド外用剤などの処方を受け、一定期使用します。 飲み薬 ニキビの状態に応じて、ビタミン剤や抗生物質、漢方薬、ホルモン剤などが処方されます。 塗り薬と飲み薬を併用するケースも多く、医師の指導に従って、一定期間継続します。 切開 大きなしこりにメスを入れて、取り除く治療法です。 メスを入れる範囲が広い場合は手術跡が残ってしまうこともありますので、担当医師と相談し、必要性を判断しましょう。 保険適用外 ピーリング 医療機関専用のピーリング剤を使用し、ターンオーバーを促すことで、ニキビの改善を目指します。 レーザー治療 特殊なレーザーマシンによってごく小さな傷をつけ、新しい肌への生まれ変わりを促進する治療法です。 顎のしこりニキビの予防対策7個 しこりニキビの再発を防ぐためには、日々の予防対策が大切です。 以下では、スキンケアや生活習慣の工夫による、顎のしこりニキビ予防対策7個を紹介します。 日々の洗顔を正しく行う 日々の正しい洗顔は、ニキビ予防対策の王道です。 以下の手順に従って、1日2回の泡洗顔を実践し、ニキビの進行・再発を予防しましょう。 【1】洗顔料を泡立てる 適量の洗顔料を手のひらに出し、十分に泡立てます。 空気と水分、洗顔料をよく混ぜ合わせ、きめ細やかな泡のフォームを作りましょう。 【2】部位ごとに時間差で洗顔する 皮脂分泌の多い部位から順番に泡を乗せ、泡のクッションを利用して、洗顔します。 ニキビのできやすい顎周りはとくに優しく、手のひらと顔が触れないように洗って下さい。 【3】ぬるま湯ですすぐ 手のひらに溜めたぬるま湯で顔全体をすすぎます。 洗顔料や顔の汚れのすすぎ残しは、ニキビを招く原因です。 すすぎ残しがないように意識しながら、丁寧なすすぎを行いましょう。 【4】清潔なタオルで顔を拭く タオルを優しく顔に当て、水分を吸収させます。 汚れたタオルを使用したりゴシゴシこすったりする方法は肌に負担をかける原因。 洗面台のタオルは毎日新しいものに変えて、清潔なものを使って下さい。 十分に保湿を行う 洗顔直後の肌はバリア機能が低下し、乾燥しやすい状態です。 保湿化粧水や美容液、乳液(クリーム)を使用し、水分・油分のバランスを整えることにより、バリア機能を強化しましょう。 十分に保湿を行うためのポイントは、以下2点です。 【1】化粧水・乳液(クリーム)をセットで使う 「化粧水のみ」「乳液のみ」といったお手入れは、肌の乾燥を悪化させ、ニキビの悪化・再発を招いてしまうリスクがあります。 水分補給を行う化粧水・適度な油分の補給を行う乳液(クリーム)をセットで使い、刺激に対する抵抗力を高めましょう。 【2】ニキビの悪化・予防に役立つ基礎化粧品を活用する 「ノンコメドジェニック」「コメドジェニックテスト済」といった記載のある基礎化粧品は顎のニキビを繰り返す肌質でも取り入れやすく、再発予防に貢献します。 しこりニキビの治療で医療機関にかかっていれば、担当医師に相談し、肌質に合う基礎化粧品の紹介を受ける方法もおすすめですよ。 油分の多いクリームや美容オイルの重ね塗りを控える 十分な保湿を行うこととリッチな質感のクリームや美容オイルを何度も重ねて、過剰な油分を与えることは異なります。 しこりニキビができやすい顎周りに必要以上の油分を補うことは避け、適量使用に留めましょう。 顎に限らず大人ニキビができやすい肌質の人は、肌に合わない基礎化粧品使っていたり、油分の多い基礎化粧品を必要以上に重ねたりと、誤ったお手入れを行っていることがしばしば。 肌に合う基礎化粧品の種類や適量は季節やライフスタイルによっても変わりますので、定期的な見直しを行い、アクネ菌に負けない肌を育てましょう。 紫外線対策を万全に行う 紫外線刺激は、活性酸素を発生させて、ニキビの悪化を招いてしまうリスクがあります。 適切な強さの日焼け止めを毎日塗り、酸化ストレスを下げることで顎のニキビを予防しましょう。 ・つばの広い帽子や日傘を使う。 ・サングラスを着用し、目から入る紫外線を予防する。 ・自動車の窓ガラスにUVカットフィルムを貼る。 ・ラッシュガードやカーディガンを羽織る。 ・日差しの強い時間帯の外出を控える。 ニキビのできた状態で大量の紫外線を浴びると、色素沈着を起こしてしまうリスクがあります。 傷跡を残さずにきれいにニキビを治すためにも、日常的な紫外線対策を徹底しましょう。 規則正しい時間にバランスの良い食事を摂る 顎のしこりニキビを予防するための食事ルールは、バランス良く、規則正しい時間に食べることです。 脂質の多い外食メニューやインスタント食品、多くの糖分を含む嗜好品は適度に抑え、主食と主菜・副菜を含むメニューへ切り替えましょう。 主菜に含める食材は、魚や肉、卵といったタンパク質です。 健やかな肌を育む原料として働き、ニキビを繰り返さない状態への生まれ変わりを後押しします。 副菜には、ビタミンやミネラルを豊富に含む緑黄色野菜や淡色野菜、海草類を盛り込みましょう。 ご飯やパン、イモ類といった炭水化物の取り過ぎは禁物ですが、全く取らないこともまたエネルギー不足を招きます。 極端な糖質制限など、エネルギー不足のリスクを高める食べ方は避けて下さい。 適度な運動習慣を作る 適度な運動習慣は、自律神経の働きを調整し、ホルモンバランスを整えることに貢献します。 自分自身の体力に応じた負担の軽い運動を日常的に実践しましょう。 「どのような運動を行えば良いか、迷ってしまう」という人には、ウォーキングやステップ運動など、一定のリズムで続けるものがおすすめ。 一定のリズムを刻む運動は、不安な気持ちやイライラする感情を和らげる神経物質「セロトニン」の分泌を促します。 運動を始めてからセロトニンが分泌され始めるタイミングまでにかかる時間は、5分程度。 20分から30分程度で脳内のセロトニン濃度がピークに達し、それ以降は低下します。 どれほど忙しい人でも、1日あたり20分から30分程度の運動であれば、続けることができるのではないでしょうか。 出社前や昼休みなど、ライフスタイルに無理のない時間を選択し、日々の習慣として継続しましょう。 夜更かしを止める 夜更かしする日が続くと、脳の中のホルモンバランスをコントロールする部分の働きに不具合が生じ、ニキビリスクを高めます。 毎日同じ時間に起床し、日中はエネルギッシュに活動するといった規則正しい生活へと切り替えましょう。 「夜更かしが止められない」「寝付きが悪く、眠りたくても眠れない」という人は、次のような対策を試してみてはいかがでしょうか。 ・自宅への持ち帰り仕事を止めるなど、オンとオフを切り替える。 ・起床後すぐに日光を浴び、体内時計をリセットする。 ・スマホやパソコンを寝室に持ち込まない。 ・休日の寝だめを避け、平日と同じ時間で行動する。 ・ベッドの上のストレッチなど、寝る前の儀式を作る。 眠れないままベッドの中であれこれ考え、不安な気持ちで過ごすことは、余計に寝付きを悪くする原因の1つです。 「イライラして目が冴える」「不安が強く眠れない」といった時は気が鎮まるまで寝室以外の部屋で過ごし、自分の気持ちを一旦リセット。 気持ちの整理が付いたところで改めて寝室へ移動し、朝までぐっすり眠りましょう。

次の

あごニキビができる原因と早く治す方法|「マイナビウーマン」

あご にきび 原因

[目次]• 顎(あご)ニキビの原因 顎は皮膚が厚く、 皮脂のつまりやすい部分とされています。 また、顎は皮脂腺の働きを活発にする働きのある男性ホルモンの影響を受けやすいともいわれており、顎はニキビができやすい場所と言えます。 顎ニキビができる原因として、以下のことが考えられます。 ホルモンバランスの乱れ• 摩擦、雑菌などの直接的な刺激• 間違ったスキンケア• 食生活の乱れ まずは、上記がそれぞれどのように顎ニキビの原因となるのか解説します。 ホルモンのバランスの乱れ 顎にできるニキビの原因としてもっとも大きいとされるのが、 ホルモンバランスの影響です。 女性はもともと、生理の周期によってホルモンバランスが変化します。 生理がはじまってから排卵が起きるまでの間は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が多く分泌されますが、 排卵が起きてから次の生理がはじまるまでの間は「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌量が多くなります。 この中でも「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は皮脂の分泌を活発にすることがわかっています。 また、女性であっても微量ながら男性ホルモンが分泌されていますが、 顎はこの男性ホルモンの影響を受けやすい部分といわれています。 ホルモンバランスの乱れは、主に• ストレス• 睡眠不足などの生活習慣の乱れ• 環境の変化 などによって招かれます。 特に、ストレスを感じると前述した男性ホルモンのアンドロゲンに加え、ステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)の分泌も促進されます。 いずれも 皮脂の分泌を活発にさせる働きがあるため、ニキビのできやすい状態を招くのです。 また、 生理前にはホルモンバランスの変化から顎ニキビができやすくなります。 摩擦や雑菌の刺激 あごやフェイスラインは、• 髪の毛先が触れる• 手で触れる• 衣服がこすれる 直接的な刺激を受けやすい部分です。 また、雑菌も付着しやすいといえます。 直接的な刺激によって肌が傷つき、そこに雑菌が侵入することで炎症を引き起こしてニキビが発生することがあるのです。 なお、 雑菌が付着しやすいことからできた顎ニキビは治りにくく、 くりかえすことも多いという特徴もあります。 過剰な洗顔 ニキビの原因として過剰になった皮脂の酸化があげられます。 しかし、皮脂を気にして 1日に何度も洗顔したり、洗顔後の保湿が不足していたりすることで乾燥肌になりニキビを招きます。 不規則な食生活・食べ物の乱れ 毎日の食事は、ホルモンの分泌に深く関わっています。 極端なダイエットなどによって食事でとる 栄養に偏りが出てくると、肌にも影響が出てくるのです。 特に、• 脂質や糖分の過剰摂取• 野菜やタンパク質の不足 などは体内の環境悪化を招き、顎ニキビなどの原因になります。 顎ニキビを改善する4つの対策 ホルモンバランスの乱れやスキンケア方法など、顎ニキビの原因にはさまざまなことが考えられます。 セルフケアで顎ニキビを改善したり、防いだりする方法として考えられることをご紹介します。 4つの対策(1)睡眠をしっかりとりホルモンバランスを整える ホルモンバランスの乱れを招く要因のひとつに、生活リズムの乱れがあります。 睡眠時間が十分ではないことが続くと、ホルモンバランスが乱れやすくなるのです。 そのため、 質のよい睡眠を毎日とることがホルモンバランスを整えるうえで重要になります。 また、肌の新陳代謝であるターンオーバーのサイクルを整えるうえでも、十分な睡眠をとることは大切です。 肌のターンオーバーには睡眠中に特に多く分泌される成長ホルモンが重要な役割を担っています。 しかし、深く十分な睡眠をとれないと成長ホルモンの分泌が乱れ、肌のターンオーバーが滞るのです。 それによって、通常であれば自然と はがれ落ちる古い角質がいつまでも肌に残り、皮膚の一番外側の層である角質層が厚くなります。 その周辺に 皮脂がつまり、ニキビのもととなってしまうのです。 成長ホルモンが分泌される質の高い睡眠をとる 成長ホルモンは、以前は夜の10時から夜中の2時の間に分泌されるといわれていました。 しかし、最近では 「眠り始めてから3時間のもっとも深い眠りに入れる時間」に多く分泌されることがわかってきました。 人間の睡眠は、眠りの浅い「レム睡眠」と深い睡眠である「ノンレム睡眠」が約90分のサイクルでくりかえされます。 しかし、眠りが一番深いのは、 眠り始めてから3時間とされています。 そのため、眠りに入ってから3時間は熟睡できるようにすることが大切です。 良質な睡眠のために気をつけること 熟睡するためには、眠る前の行動や環境を整えるとよいでしょう。 寝る直前は 飲食や頭を使うことをやめる• 街灯などで外が明るい場合は 遮光カーテンを使用する• 寝る前の スマホやパソコンなどを控え、間接照明で部屋を暗くする 睡眠の質は、成長ホルモンの分泌だけではなく、日中の仕事や勉強のパフォーマンスにも影響を及ぼします。 できるところから熟睡しやすい環境を整えることからはじめましょう。 4つの対策(2)正しい洗顔・保湿でスキンケア 洗いすぎや保湿不足など、間違ったスキンケアはニキビなどの 肌トラブルを招くもととなります。 反対に、肌に合ったスキンケアを行うことで、肌バリアの正常化や健全なターンオーバーを維持しやすくなるとされています。 洗顔と保湿の2点について、行う際の正しいポイントを見てみましょう。 洗顔は朝・夜の2回に 皮脂が気になると、つい1日に何度も洗顔したくなるかもしれません。 しかし、 洗顔のし過ぎは必要以上に皮脂を取り去ってしまい、肌をより乾燥させることになります。 洗顔は朝と夜、1日に2回までにしましょう。 洗顔料をたっぷりと泡立てて、泡を転がすように洗うことで、皮膚の表面に傷がつくのを防ぐことができます。 また、 すすぎ残しがないようしっかりと洗い流し、 吸湿性のよいタオルを使って水を吸わせるようにタオルドライしましょう。 ゴシゴシこするように拭いてしまうと、皮膚に不要な刺激を与えることになります。 化粧水や美容液・クリームでしっかり保湿を 保湿のポイントは、• 化粧水• 美容液• クリーム を適切に使用することです。 肌の状態や性質によって適したアイテムが異なるため、 自分の肌質に合ったものを使うとよいでしょう。 大まかな目安として、乾燥肌や肌の敏感な方の場合、 セラミドなどの保湿成分が配合された化粧水や美容液がおすすめといわれています。 一方、テカリの気になる脂性肌の場合は、 化粧水と合わせてゲルタイプや乳液といった 油分の比較的少ない保湿アイテムを使用するとよいとされています。 4つの対策(3)栄養バランスのとれた食生活 ニキビのできにくい肌を目指すうえで理想的なのは、 1日3回、バランスのよい食事を適切な量だけとることです。 食事を抑えるダイエットなどで食べる量が少なくなると、便秘や冷え性につながります。 すると、体内の老廃物がスムーズに排出されにくくなり、体内環境が悪化します。 顎まわりは特に体内環境の影響を受けやすいため、体内に老廃物がたまることでニキビが増えやすくなることが考えられます。 普段あまり野菜を食べていないと感じている場合は、食事にサラダをプラスするなどひと工夫してみましょう。 また、このほかに以下の栄養素をしっかりとることを意識してみることをおすすめします。 ビタミン ビタミンは、人間の体内でさまざまな役割を果たしますが、現代の食生活では意識してとらないと不足しやすいものです。 そのため、 ビタミンやミネラルは意識的にとることを心がけましょう。 特に、ニキビケアに役立つと考えられているのが、肌の炎症をおさえて コラーゲンを生み出す働きをサポートするビタミンC、脂質の代謝や 肌の健康を保つのに役立つビタミンB群です。 ビタミンCは、• オレンジ• レモン• イチゴ• 野菜 などに多く含まれています。 一方、ビタミンB群は食材によって多く含まれるビタミンBの種類が異なりますが、• レバー• かつお• まぐろ などに多く含まれています。 良質なタンパク質 肌を健全に保つためにはタンパク質も重要です。 良質なタンパク質とは、一般的に 人間の身体に必要かつ体内で作ることのできない「必須アミノ酸」をバランスよく含んでいるものといわれています。 魚 が良質なタンパク質と言えます。 4つの対策(4)ストレスを発散する ストレスが溜まっているとホルモンバランスが崩れ、女性でも男性ホルモンが優位になる場合があります。 そのため、 顎ニキビをくりかえしやすくなる場合があります。 そのため、ストレスをためすぎず定期的に発散することが重要となります。 なぜストレスが溜まるの? ストレスとは、 身体的・精神的に負荷がかかった状態をいいます。 ストレスがたまりすぎることで心が不安定な状態になったり、体の疲労が蓄積されるといった悪影響があり、そのままだと病気の原因にもなりかねません。 ストレスの原因は人それぞれです。 特に多いのは、人間関係から生じるストレスだといわれていますが、仕事の忙しさや睡眠不足、ストレスの生じやすい性格などがあげられます。 ストレスが溜まっているときのサインとして、以下のような状態などが続くことがあげられます。 何をしても楽しめない• イライラしやすい• 眠りが浅かったり寝付けなかったりする• 疲れやすい ストレスは早めに解消するようにしましょう。 ストレス解消法 ストレスの原因がわかっていれば、それを取り除くことが一番のストレス解消法といえるでしょう。 しかし、ストレスをゼロにすることは難しい場合が多く、 定期的に別の方法でストレスを発散したり、うまくストレスと付き合うことが大切になると考えられます。 ストレスを発散できる方法は人それぞれですが、一般的には以下のような方法があげられます。 休養をとる• 有酸素運動をする• メンタルトレーニングで日々起こることの受け止め方を変える• 人と交流する• 娯楽を楽しむ• 集中して創作に取り組む• 旅行や部屋の掃除で気分を切り替える 適したストレス解消法は、体調やそのときの気分によっても異なります。 いろいろな方法を使い分けるとよいでしょう。 症状がひどい顎ニキビは皮膚科で治療を 顎ニキビの対策を続けても顎ニキビが改善しない場合や、症状がひどくなる場合は、 皮膚科で治療を受けることも検討してもよいでしょう。 ニキビには段階がありますが、• 赤く炎症を起こして痛い状態• ニキビの中に黄色い膿がつまっている状態 まで発展すると ニキビ跡が残る可能性が高くなります。 ここまで進行している場合は、皮膚科で相談することがニキビ跡をできるだけ残さないためのポイントになります。 皮膚科では、主に以下のような治療を行います。 塗り薬の処方薬を使った治療 炎症を抑える作用のある 塗り薬を使った治療です。 ニキビの原因菌となるアクネ菌を殺菌する 抗生物質や、毛穴のつまりを改善する効果がある アダパレン、 過酸化ベンゾイル製剤などが使用されます。 飲み薬の処方薬を使った治療 重症のニキビの場合、塗り薬とあわせて飲み薬を処方される場合もあります。 アクネ菌を殺菌する 抗生物質、漢方薬などが用いられます。 レーザー治療 レーザー治療にもいくつかの種類があります。 たとえば、 炭酸ガスレーザーはニキビの表面に穴をあけ、中にたまった皮脂などを出すために使います。 また、 ピーリング効果や赤みを消す効果があるといわれるYAGレーザーを使用する場合もあります。 しかし、根本的な対処法ではないため再発もしやすい傾向にあります。 このほかにもさまざまな種類の医療用レーザーがあります。 まとめ 顎ニキビの原因として考えられるのは、 ホルモンバランスの乱れや 間違ったスキンケア、 食生活の乱れなどです。 できるだけ皮膚を清潔に保つとともに、以下のようなことを日常生活の中で意識するとよいでしょう。 熟睡できる環境を整えて良質な睡眠をとる• 正しい方法で洗顔する• 自分の肌に合った保湿アイテムを使用する• ビタミンやタンパク質を積極的にとるようにしながら栄養バランスを意識する• 自分に合った方法でストレス発散を試みる また、上記のようなことを意識しても顎ニキビが改善しない場合や、赤く腫れたり黄色い膿が溜まってきて痛いような場合は、 ニキビ跡を残さないためにも皮膚科で治療を受けることも検討するとよいでしょう。 顎ニキビを改善する対策を日常生活にとり入れ、健康的な肌を目指しましょう。

次の

治らない顎(あご)ニキビができる3つ原因と治し方!!

あご にきび 原因

顎のにきび対策で大事なことは、ホルモンバランスを整えることです。 そのためには、ストレスを感じないように、リラックスすることが大切です。 お風呂にゆっくり入ったり、マッサージをしたりするなど、心地良く感じる時間をつくるようにしましょう。 また、強くストレスを感じる時期は食生活が偏ってしまい、肌に悪影響を与えることもあるので、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。 とくにビタミンB2は皮脂の分泌を抑えるはたらきがあるので、ビタミンB2を豊富に含む納豆やレバーなどを積極的に摂ったり、サプリメントで補給したりするのがおすすめです。 さらに、乾燥しやすい顎のスキンケアでは保湿ケアが大切です。 洗顔後、化粧水などでしっかり肌にうるおいを与えましょう。 男性ホルモンが多くなると、皮脂分泌が過剰になる。 生理前に分泌されるホルモンで、妊娠を助けるほか、皮脂の分泌を増やすはたらきがある。 しかし、ストレスや睡眠不足などでホルモンの分泌量が少なくなったり、多くなったりして、ホルモンバランスが乱れると、体に不調が現れる。 肌にうるおいが保たれているときにバリア機能が発揮される。

次の