ヘルペス リップ おすすめ。 【徹底比較】リップクリームのおすすめ人気ランキング56選

口唇ヘルペス予防対策!スーパーリジンのリップクリームが効果的

ヘルペス リップ おすすめ

口唇ヘルペスの軟膏 市販薬を購入するには?買えない時もあるの? まず、口唇ヘルペスの市販薬を薬局で買うには条件があります。 そう、全ての人がドラッグストアで口唇ヘルペスの薬を買えるワケじゃないんです。 んで、その「薬局で口唇ヘルペスの薬を購入できる条件」とは何かというと、 1、過去に病院を受診し「口唇ヘルペス」と診断されたことがある事 2、薬剤師がいる薬局である事 3、薬剤師の質問にきちんと答える事 これらの事です。 それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。 口唇ヘルペスの市販薬を買うには1 医者から「口唇ヘルペス」と診断されたことがある ドラッグストアで口唇ヘルペスの軟膏を購入するには、過去に病院を受診し、医者から「口唇ヘルペス」と診断されている必要があります。 というのも、口唇ヘルペスは診断がとても難しいです。 似たような症状で違う病気もありますので、 薬局にいる薬剤師では正しい診断ができません。 もし、あなたが「口唇ヘルペス」だと思っても、初めての症状だった場合、違う病気の可能性があります。 その場合、口唇ヘルペスの薬を塗っても効果はありませんし、 むしろ悪化する可能性もあります。 ですので、初めて口唇ヘルペスになってまだ病院を受診した事がない人は、薬局で市販薬を購入する前に1度病院を受診しておきましょう。 口唇ヘルペスの市販薬を買うには2 薬剤師がいる薬局に行く事。 口唇ヘルペスの市販薬には「アシクロビル」という成分が入っており、この薬は 薬剤師がいる薬局でなければ取り扱いができません。 ですので、もし薬局を訪れても「薬剤師がいない薬局」だった場合、市販薬を購入する事はできません。 というか、 お店に「口唇ヘルペスの市販薬」自体がありません。 また、「薬剤師がいる薬局」だったとしても、たまたま薬剤師が外出中で薬が買えない・・・という事もあるので、注意してくださいね。 都会の薬局だと「薬剤師」がいないという事はまずないと思いますが、念のため(笑) 口唇ヘルペスの市販薬を買うには3 薬剤師の質問に答える たとえ過去に「口唇ヘルペス」と診断された事があったとしても、薬剤師の質問への解答しだいでは市販薬を売ってもらえないことがあります。 薬剤師に質問される事は主に以下のような内容ですよ。 ・過去に医者から口唇ヘルペスと診断された事がありますか? ・前回口唇ヘルペスになったのはいつぐらいですか? ・その時、何の薬を処方されましたか? ・薬でアレルギー症状が出たり、具合が悪くなった事はありませんか? ・どのような痛みがありますか? ・使用者は誰ですか? ・唇以外に症状はありませんか? ・市販薬を使う目的は治療のみですか? 薬剤師によっては、かなりしつこく質問する人もいます。 我慢しましょう。 あ、それから、 質問に嘘をついて薬を出してもらうのはダメですよ! 確かに、嘘をついて薬局で市販薬を購入する事も可能ですが、前述したように素人が「口唇ヘルペス」を見分けるのは難しいです。 違う病気の可能性もありますので、薬剤師の質問には正直に答えて薬剤師の判断に従いましょうね。 口唇ヘルペスの市販薬で特に「良く効く、治る、効果が高い」と口コミで評判なのは以下の軟膏になりますよ。 1、アクチビア軟膏(価格:約1,200円) 2、ヘルペシアクリーム(価格:約1,200円)大正製薬 3、アラセナS軟膏(価格:約1,500円)佐藤製薬 アクチビア軟膏やヘルペシアクリームの主成分は「アシクロビル」で、病院で処方される内服薬「バルトレックス」や「ゾビラックス」と同じ成分になります。 また、アラセナS軟膏の主成分は「ビダラビン」で、こちらも病院で処方される「アラセナA軟膏」と同じ成分になります。 どれも実際に病院で処方される薬と同じ成分が含まれているので、 当然、同程度の効き目が期待できます。 私のちょくちょく口唇ヘルペスが再発する友達はいつも、「アクチビア軟膏」を常備していて、再発しそうな時はすかさず軟膏を唇に塗っています。 すると、次の日にはもう症状が治まっているそうですよ。 口唇ヘルペスがよく再発する人は、自分に合う物を1本常備しておき、再発しそうなきざしが出たら、軟膏を唇に塗布するようにすると良いですね。 ちなみに、病院を受診した場合、診察と処方箋で料金は1,100円前後です。 それに加えて、内服薬1,400円、外用薬(軟膏)500円くらいの金額がかかりますよ。 単純に軟膏だけの費用なら病院を受診した方が安いですが、病院だと診察料等がいるので、結果的にどちらで購入しても値段はそう変わらないですね。 口唇ヘルペス市販薬 副作用は大丈夫? 口唇ヘルペスの市販薬に限らず「副作用がない」という薬は存在しません。 どうしても「良く効く薬」は「副作用の可能性が高い薬」になってしまいます。 もし「副作用が無い薬」があるとしたら 「副作用が無い分、効果もほとんど無い薬」です。 とはいえ、上記で紹介したような「一般の口唇ヘルペス用市販薬」は健康な人が使用方法を守って使う限り、副作用が出る可能性は低いです。 が、もし以下のような副作用が出た場合、すぐに使用するのをやめ医者に相談しましょう。 ・発疹(ぶつぶつ) ・発赤(赤いぶつぶつ) ・かゆみ ・腫れ ・かぶれ ・乾燥 ・強い痛み ・フケ、垢のような皮膚の剥がれ ・じんましん あと、妊婦や妊娠の可能性がある女性の場合は薬局で市販薬を購入するのではなく、必ず病院で「妊娠しているor妊娠の可能性がある」旨を伝え、医者から「胎児に影響がない薬」を処方してもらいましょう。 万が一、副作用でお腹の中の赤ちゃんに影響が出てしまったら、悔やんでも悔やみきれないですものね。 関連記事 『』 スポンサーリンク 口唇ヘルペスの市販薬はいつまで塗るの? 口唇ヘルペスの薬っていつまで塗れば良いかわかりませんよね。 唇に水泡がある時に塗るのは当然ですが、気になるのは「かさぶた」になってから。 結論から言いますと、 かさぶたができて、患部が乾燥したら塗るのを止めてもOKです。 基本的な軟膏の塗布期間は10日程度ですが、かさぶたになり、完全に患部が乾燥してしまったら塗るのを止めてもOKですよ。 逆に、もし10日以上も薬を塗っているのに、かさぶたもできずに口唇ヘルペスが治らないなら、薬が合っていないか、違う病気の可能性があります。 その時は、病院を受診してくださいね。 また、薬を塗る時は以下のポイントに注意して塗ると効果的で、口唇ヘルペスが早く治りやすいですよ。 ・1日3~5回塗る ・塗る時間は毎食後と就寝前がおすすめ(食事で軟膏が取れるため) ・1本常備しておき、再発しそうな感じがした時に塗るとより効果的 ・直射日光が当たらず、湿気が少ない、涼しい場所に保管する 関連記事 『』 口唇ヘルペスの軟膏 市販薬でおすすめは?いつまで塗るの?まとめ いかがだったでしょうか?口唇ヘルペスの市販薬軟膏は薬局でも購入する事ができますよ。 ただし、過去に医者から「口唇ヘルペス」と診断されていないとダメですので、注意してくださいね。 初めて口唇ヘルペスになった人や、市販薬を塗っても症状が良くならない人は早めに病院を受診しましょう!.

次の

唇の日焼けによる水ぶくれはヘルペス?対処法や日焼け止めおすすめは?

ヘルペス リップ おすすめ

口唇ヘルペスとはどんな症状?薬は市販されている? 1-1 口唇ヘルペスとは 口唇ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルスの感染症で唇やその周辺に水ぶくれができるという症状です。 このウイルスに感染している日本人は20~30代で約半数、60代以上ではほとんどの人が感染しているというデータもあります。 水ぶくれは痛みを伴い、1~2週間程度でかさぶたになり、治ります。 また、ヘルペスウイルスは、一度感染すると症状が治った後も人の細胞の中にじっと隠れていて、普段は症状が出てきませんが、発熱やストレス、疲労、月経など体の抵抗力が落ちることで再発してしまうので、再発をなるべく防げるよう薬でのケアが重要になっています。 口唇ヘルペスの発病には、初めて発病する場合と再発の場合の2通りがあります。 初めて口の周りに水ぶくれやかゆみが生じたときには、自己判断せずに病院を受診することをおすすめします。 過去にも口唇ヘルペスになったことのある方で、症状がそれほど重くない場合には、市販の薬も使用できます。 ドラッグストアで手に入るため、活用してみましょう。 口唇ヘルペスの塗り薬には、ビダラビンやアシクロビルと呼ばれる成分が有効成分として作用します。 パッケージに記載の成分を見てみると、それらが含まれていることが確認できます。 市販薬を買う際の注意点 2-1 過去に診断された人のみ使用可能 口唇ヘルペスの市販薬は、過去に医師から診断された人のみ使うことができます。 口唇ヘルペスは、不適切な薬を用いることで症状が悪化してしまうため、医師の診断があることが前提として必要となります。 再発の場合は、初めての発症と比べて症状が軽くなりやすいため、市販薬で改善させることが可能です。 2-2 薬剤師のいる薬局で購入できる 口唇ヘルペスの薬は第1類医薬品となっているため、薬剤師のいる薬局にて購入することができます。 しっかりと薬剤師の説明を聞いて、使用上の注意点などを把握した上で購入することが必要です。 2-3 市販薬を使用する際の注意点 市販の塗り薬の場合、1日に数回塗布、10日間ほどが使用の目安になります。 塗り薬を使用していく中で、乾燥してかさぶたになってきたら、薬の使用を中止しても問題ありません。 ・使用前後で手を清潔にしましょう。 ・食後に薬を塗るときは、口の周りを洗い清潔にしましょう。 薬を塗る際にも上記のように注意が必要となりますが、普段の生活においても患部を手で触らないようにする、タオルなどを家族と共有しない、食事のときに食べ物や食器を通して家族へ感染させないようにするなどの配慮を心がけましょう。 また、実際に使用する際は各市販薬にある説明書や薬剤師の指示に従い使用してください。 口唇ヘルペスになってしまう原因や治療をするために 3-1 口唇ヘルペスになる原因 口唇ヘルペスは、乳幼児期に初感染することが多くありますが、ヘルペスウイルスは神経節に潜んでいるのでたいていの場合は症状が出にくくなっています。 症状が出ている間はヘルペスウイルスを大量に排出しているため、ヘルペスウイルスの抗体がない方や抵抗力が落ちている方が感染しやすくなります。 3-2 口唇ヘルペスになってしまったら ・口唇ヘルペスにかかるのが初めての場合 口唇ヘルペスになるのが初めての場合、出てきた症状が口唇ヘルペスによるものなのか確信が持てないことも多いでしょう。 初めての発症では、大きな水泡が多数できる特徴があるなど、症状が強くなる傾向にあります。 唇のまわりに類似した症状を引き起こす疾患も複数あるため、初めて「口唇ヘルペスかも?」と感じたときは病院を受診することをおすすめします。 ・症状が重い場合 症状が重いときには、内服薬を利用したり、入院して点滴を受けることもあります。 これらは病院でしか処方、処置がされないため、医師の診察を受ける必要があります。 塗り薬は皮膚症状へ直接作用しますが、症状が重い場合には飲み薬でウイルスの増殖をおさえることができます。 再発の場合、ピリピリ、チクチク、ムズムズといった前兆を感じたら、早めに受診して治療を受けることが、早く治すための近道です。 また、過去に口唇ヘルペスになったことがあり、市販の塗り薬を使っている人でも、症状が5〜7日で改善されなければ、他の病気の可能性もゼロではありません。 一度口唇ヘルペスの診断を受けている人でも油断せず医療機関へ相談しましょう。 また、症状がなかなか治らなかったり、再発を繰り返したりする場合は体の抵抗力が落ちていると考えられますので、十分な休養と睡眠が必要です。 3-3 歯科系医院にかかるときは歯科口腔外科へ 口唇ヘルペスは、口のまわりに出る症状であるため、歯科系の医院でも治療が可能です。 ただし、一般的な歯科には口唇ヘルペスの薬を常備していない可能性が高いため、歯科口腔外科を受診するようにしましょう。 かかりつけの歯科・歯科口腔外科がある場合には、電話をして口唇ヘルペスの症状に対応してくれるか確認してみることをおすすめします。 口唇ヘルペスの知識のない診療科にかかると、口内炎などと間違われてしまい、誤ってステロイドが処方されてしまう恐れがあります。 誤った処方でステロイドを使うと、口唇ヘルペスのウイルスを活性化させるために逆効果となります。 病院に行くときは歯科口腔外科または内科、皮膚科などを受診し、薬を処方してもらうことをおすすめします。 症状によって鎮痛や治療の促進のためにレーザーを使うこともあります。 まとめ 今回は、口唇ヘルペスについてご紹介しました。 ドラッグストアなどで購入することができ口唇ヘルペスに対応した市販薬もいくつかあります。 しかし、口唇ヘルペスの市販薬は主に再発を防ぐという目的で販売されているため、初めて口唇ヘルペスになったという方は薬を使用することで逆に悪化してしまうといった事態を防ぐためにも医療機関に相談してみることをおすすめします。 そもそもヘルペスはウイルス感染のため、医師から症状に合った強さの抗ウイルス薬の処方を受けることが望ましいです。 アトピー性皮膚炎が出ている場合、医療機関では症状によってヘルペスの治療について判断をし、抗ウイルス薬を処方しないこともあります。 アトピーの薬との塗り分けなど注意点を医師によく確認しましょう。

次の

唇に黒ずみを残したヘルペスの色素沈着対処法!治す&隠すおすすめは?

ヘルペス リップ おすすめ

口唇ヘルペスの原因とは? 口唇ヘルペスの原因はヘルペスウィルスです。 8種類あるヘルペスウィルスのうちの単純ヘルペスI型というウィルスになります。 このヘルペスウィルスは一度感染すると神経節の遺伝子の中にもぐりこみます。 ヘルペスウィルスは、 一度感染すると一生治りません。 ですが、ヘルペスウィルスは 正しい治療と予防方法で発症を抑えることができます。 また、感染力が高く、成人で半数以上が感染しており、キスや食器を共有しただけでも感染する可能性があります。 水ぶくれができている時期がウィルス量が多く、 感染力が強い時期です。 日差しが強い日や、体調を崩したときに再発が多いです。 このことから、 風邪の華、 熱の華とも言われます。 早く治す治療方法と予防方法 再発が多いヘルペスをまたかと、自然治療してはいませんか? 跡が残る可能性もあり、早く治すには以下の方法が適切です。 治療方法 塗り薬 まず、口唇ヘルペスが再発したら、患部に 早めに市販薬を塗ります。 昼や外出する際は、目立たない程度に薄く塗りましょう。 そして、 就寝前は患部だけではなく、周りにもがっつり塗りましょう! 朝起きたら、ほとんどヘルペスはないと思います。 3日間ほどで治ることが多いです。 自然に治療するには一週間ほどかかるでしょう(経験談)。 注意点として極力、 患部には触らないでください。 感染が広がる可能性もあります。 治療方法 飲み薬 後述するLリジンという飲み薬は、口唇ヘルペスが発症してからでも、 ウイルスの増殖を防ぐ効果があるので、水ぶくれが大きくなるなどの悪化を防ぎます。 予防方法 上の画像の再発のきざし、 ピリピリを感じた段階で、市販薬の塗り薬を塗ることで口唇ヘルペスが高確立で発症しにくくなります。 また、 飲み薬でも同様に早めに飲むことでウイルスの増加を防ぎ、発症しなくなります。 実際に管理人はこの方法で何年もヘルペスとはおさらばです。 もちろん日々の生活で体調を崩さないようにしています。 そして、日差しの強い日の外出の際も、ピリピリ感じたら市販薬を塗っています。 おすすめ市販薬 現在、市販の塗り薬には主に3種類あります。 口唇ヘルペスに効く成分は、 アシクロビル、 ビタラビンです。 アクチビア軟膏 アクチビア軟膏は、マクロゴールというクリームにアシクロビルを混ぜた至ってシンプルな組成です。 シンプルゆえ強力な効能です。 アラセナSがおすすめ! アラセナSは、 アシクロビルの他に、 ビタラビンという抗ウィルス薬が入っています。 この3つの中でも非常に強力で、軟膏タイプとクリームタイプがあるので、使い分けが可能。 ちなみに管理人はアラセナSを使用しています。 外出する際は、クリームタイプで薄く塗り、就寝時は軟膏タイプで厚めに塗ります。 ヘルペシアクリーム ヘルペシアクリームはアシクロビルの他に、保存料がてんこ盛りなので、アレルギー持ちの方にはおすすめできません。 アレルギーが無くても他の薬を推奨します。 おすすめ飲み薬 は飲み薬というよりも、サプリメント扱いなのですが、かなりの即効性があります。 ヘルペスの予防にもかなりの効果がありますが、の主要成分のリジンは、 風邪の予防や髪のツヤ、増毛効果があります。 通常購入では30日分で6000円もしない値段ですが、 定期購入だと4000円ほどという安価な値段も嬉しいです。 ヘルペスの前兆がきたときだけ飲んだとしても 1年は持つのでぜひ購入をおすすめします。 ヘルペスがきた時の鬱陶しいピリピリがなくなるのは嬉しいです。 また、30日間返金保障があるのも嬉しいですね。 おすすめリップクリーム もし、上記のLリジンの飲み薬に抵抗を感じた場合は、リップクリームタイプの物がおすすめです。 こちらのLリジンのリップクリームは、日常的に使うよりも、口唇ヘルペスの前兆であるピリピリを感じた段階で塗ると、効果的に発症を抑えられます。 正直、口唇ヘルペスを抑えるには 一番効果的な商品だと思います。 僕の場合は、Lリジンを口唇ヘルペスのためではなく、体調のために日常的に飲んでいるので、口唇ヘルペスを抑えるという点だけでは、このリップクリームが おすすめです。 めんどくさがりの方にはこれが良いですね。 気になった方は、Amazonのレビューも見てください。 まとめ 違和感を覚えたらすぐ塗るすぐ飲む!これが意外と効果的なのと、就寝時に塗るのがとても重要! 発症を抑えるために、Lリジンを飲むか、リップクリームタイプで塗る。 もし、発症してしまった場合は、薬を塗るというのが一番効果的な対処法です。 冗談抜きで、予防のLリジンを使用していると発症しても、1日で口唇ヘルペスが治ります。 市販薬のおすすめはやはり アラセナSと Lリジン!ヘルペス用の薬は店頭に置いていないことが多く、特にLリジンは確実に置いていないと思ってください。

次の