涙 もろく なっ た。 涙もろくなってくる原因とは?涙がすぐ出てしまう理由を知ろう

木村花の猫は無事?大丈夫?どうなるの?ネコの種類や画像は?

涙 もろく なっ た

復旧が進む熊本城 被災前は両親と妻、子ども2人との6人暮らし。 前震で大きな被害はなく「余震があったらすぐ脱出できるように」と全員が1階で床に就いた。 2016年4月16日未明、予想外の本震に襲われ、政勝さんが柱の下敷きになった。 「家族との永遠の別れが、突然訪れたのです」 家は傾き、暗闇の中、妻の携帯電話の光を頼りに脱出。 母と小学生だった長女、長男の無事を確認したが、消防隊に救出された政勝さんは命を落とした。 妻は大けがをし、佐賀県の病院に約半年間入院。 子どもを育てながら片道2時間半かけて見舞いに行く日々。 「余裕がなく、けば立った気持ちだった」 涙すら出なくなり、ぼうぜんと過ごす中、仲間の存在は大きかった。 「地元の仲間が『おまえが気張らにゃどぎゃんすっとか!』と背中を押してくれました」 「自分の力ば試せ」。 政勝さんが生前、独立を勧めていた言葉を思い出し、かつて土木会社で働いた経験を復興に生かしたくなった。 勤めていた設備会社を辞め、地震から約4カ月後、建設業者として自立した。 同じ頃、全壊し解体された自宅跡から、政勝さんが大事にしていた大黒天の置物が見つかった。 口数は少なかったが優しかった父の姿が重なった。 村の後輩と2人で始めた建設業は、今では内村さんを含め7人に。 地震で傷んだ道路や壁を修復し、やりがいを感じている。 一方で、村での生活再建を諦め転居した人もいる。 誰もが迷いながら、前進している。 「西原村の強い絆をしっかりと未来に受け継いでいきたい」と誓った内村さん。 式典後、穏やかな表情を浮かべた。 「4年間はあっという間。 今の自分の姿を、おやじも心の中で喜んでくれるかな」 (和田剛).

次の

やっぱり、もろくなってます。

涙 もろく なっ た

前日十五日の夕刻、心不全、七九歳であった。 昨年、章子氏の随筆集『佐介此頃』を読んで、俳誌「花鳥来」に 読書案内の小文を書かせていただいたばかりで、章子氏を生き生 きと身近に感じていたところであったので驚いた。 同じ文を転載 させていただく。 上野章 子さんは、版元である私どもへ、直接ご注文のお電話をくださり、 「句会のあとで配りたいので」と、荷の日時を指定なさった。 その当日、「まだ着きませんが・・」とのお電話をいただいた。 間に合うように宅急便で発送した旨のお返事をしたのだが、もし もの場合もあるので、「追跡調査をすぐにいたします」と答えた。 上野章子さんは、「私も、同じ敷地に息子たちと住んでいるので、 もしかしたらそちらに届いているかもしれません」と、おっしゃ ってくださり、すぐ後で、「届いておりました」と、また、ご自 身でお電話をくださった。 相手を責めるのではなくて、自分も先ず、振り返ってみる、これ は、なかなか出来ることではないと思った。 私は、あの芭蕉と同じくらい遠くに感じている、あの高浜虚子の 六女である上野章子さんと、お話しをしたことに感動し、このさ さやかなやりとりに又、感動していた。 『佐介此頃』は、ケース入りで、上下巻の分冊となっていた。 カット一つが箔押しされた、とてもシンプルな装丁である。 このカットは夫泰が病院でお書きになった最後のものという。 ページを開けると、白髪の上品な笑顔の章子氏のお写真と出逢っ た。 この時、二年前の電話のお声とぴたっと重なった。 読み進んでいくうちに、ふと見過ごしたり、やり過ごしたりする かも知れない、小さな心の動きの、エピソードがいっぱい詰まっ ている文章に、いつのまにか私の心も温かくなっていた。 この書は、ホトトギスの有力俳人であり夫である、故上野泰氏の 発刊した俳誌「春潮」を継いだ後、「佐介此頃」として書き溜め たもので、随筆集である。 「佐介」は、章子氏の住んでいらっし ゃる地名の佐助でもあり、上野泰の第一句集『佐助』の名をいた だいたものとも思える。 次のような事が、書かれている。 昭和十一年、章子氏がまだ女学校の頃、父虚子とヨーロッパへ外 遊したときのこと。 昭和十七年、幼なじみの上野泰と結婚し、結婚後三日目に満州へ 戻った軍人である泰を、追うように満州へ逢いに行き、そのまま 共に暮らし始め、当時を思い出せば雪のように白く透きとおって いたという新婚生活のこと。 昭和二十年、軍人である夫より一足先に、生後三か月のやせ細っ た長女美子を連れての母親として戦うような気持ちでの引揚げの 旅。 昭和四十七年、夫が亡くなる頃から、夫との思い出をなくさない ように、文は書き始められ、最初の頃は、読むのも辛いほど章子 氏の悲しみが伝わってきた。 やがて、泰氏を思う愛は変わらないのだが、泰氏をご自分の中へ 取り込んで一つとなってしまったかのように、章子氏の文章は慈 愛のあふれるものとなってゆく。 上巻、下巻と合わせて五百ページを超える本であるが、少しも退 屈しなかった。 いつも父虚子、母いと、さらにホトトギスの俳人 たちの大きな愛につつまれていた。 兄弟姉妹は多く、なんとも美 しい関係をつづけてこられてきた。 姉の星野立子、高木晴子氏と の会話のやりとりは特に、はんなりとした、谷崎潤一郎の『細 雪』の世界を思わせる。 きっと、それぞれが俳句の世界を持っているからこそ、言葉使い の素敵な関係となっているのだろう。 行間の多い文章は、すべてを言い尽くさない俳句に似ている。 章 子氏の文章は、人とも、庭の樹や花や草とも、犬や猫とも、また 古い机や鏡とも心の交流は、同じくらい愛に満ちている。 まだ、私は、心から納得出来てはいないが、「花鳥諷詠」は、 よく生きて人生かけて到達できる、万物と自在に交流できる境 地なのだろうかと考える。 『佐介此頃』から、一文を紹介させていただくことにする。 私もだから 毎年頂く夕顔の苗を今年も頂いた。 なよなよとした二つの苗を、私の小さい庭の垣に今年はさかせようと思 った。 咲いたのは朝顔であった。 ワインカラーで白く縁どられ、直径十センチほどの花が日毎に花の数を 増して行った。 考えて見れば葉の形も例年のものとは違っていた。 夕顔ではありません、私は朝顔です、と必死に咲いてくれているように 私には見えて来た。 私は朝顔があわれに思えて来た。 毎朝その朝顔は私の朝食の相手になった。 幼い頃、私は悲しい話を聞いたり、可哀相な本を読んだりするとすぐに 涙をこぼした。 大きくなって映画、芝居を見ても泣いた。 結婚して生活に追われるようになってからはあまり泣かなくなった。 病気がちの泰との生活に唯、一生懸命だったからかも知れない。 しかし泰が亡くなり一人で十七年を経て来た。 この頃また昔のように涙 もろくなった。 朝顔の花の大きさがこの頃だんだん小さくなった。 色も褪せて来た。 白い縁どりもなくなって来た。 たった二つの苗から随分広く、のびのびとからんでいた片隅から、葉の 色も黄色く枯れはじめた。 ある人が私を鎌倉の駅で久しぶりに見かけたが随分髪が白くなった、と 言っていたということを聞いた。 今朝も朝顔の花は一段と小さく、色褪せているのが多くなった。 夕べの雨のためか花びらの勢いもなかった。 私は朝顔に、私もだから、と心の中で話し掛けた。 何か涙が滲んで来たようであった。 高濱虚子の六女。 昭和十一年、フェリス女学校在学中の章子は父虚子と渡仏、ヨーロッ パを巡遊した。 昭和十七年、虚子の俳句の弟子でもある上野泰と結婚。 満州へ渡る。 昭和二十年、終戦前に帰国、父母の疎開先の小諸に仮寓。 昭和四十八年、夫上野泰の没後、俳誌「春潮」を受け継ぐ。

次の

涙もろくなってくる原因とは?涙がすぐ出てしまう理由を知ろう

涙 もろく なっ た

by wiganparky0 インドのアーグラという都市にある大理石の真っ白な霊廟 れいびょう 「タージ・マハル」は、多くの観光客が訪れる遺跡です。 しかし、アーグラ周辺の空気汚染・水質汚染やその他もろもろの問題によってタージ・マハルが存続の危機にあると懸念されています。 bbc. 大理石でできたタージ・マハルは、早朝にはピンク色、午後には白、夜には乳白色に見えるという独特の色彩を有しています。 詩人のラビンドラナート・タゴールはタージ・マハルの美しさを「時間という頬につたう大理石の涙」だと表現したほか、世界各国から観光客が訪れ、故ダイアナ妃が写真撮影を行ったこともありました。 インドの観光・文化庁によると、2011年から2015年までの5年間で400〜600万人もの人々が訪れたというタージマハルですが、近年はその輝きを失っているとのこと。 基礎が弱くなり、建物には亀裂が入り、2018年4月には門の尖塔 せんとう 2本が暴風で倒壊したと報じられました。 afpbb. 裁判所はこれを認め、建物の保全に責任を負う州および連邦政府、インド考古学調査 ASI に対して公聴を行うよう命じました。 また、裁判所はタージ・マハルの保全について「タージ・マハルは守られるべきです。 しかし、政府がこのような無関心を続けるのであれば、建物を閉鎖し、形が保てないのであれば取り壊すべきです」と述べています。 タージ・マハルを保全しようとする動きは今に始まったことではなく、1980年代半ばには既にありました。 その数年前から既にタージ・マハル周辺の空気の汚染が問題視されており、タージ・マハルのあるアーグラでは著しいレベルの二酸化硫黄と粒子状物質が報告されていたといいます。 これらの物質は雨と混ざり合うことによって酸性雨となり、タージ・マハルに降り注ぐことで壁が黄色く変色したとユネスコはインド政府に報告しています。 Mehta氏も1984年に「タージ・マハルが変色した背景には鋳物工場、化学工業、製油所の存在がある」と主張する嘆願書を裁判所に提出しました。 Mehta氏が嘆願書を提出してから9年後に裁判所はMehta氏の主張を認め、該当地域の汚染を減らすよう命令を出しました。 この結果アーグラ周辺、特にタージ・マハル近くの汚染原因となっている施設が閉鎖されることに。 同地域において石炭を使用することは違法となり、天然ガスの使用のみが許可されたとのこと。 また、ディーゼル車やディーゼル機器も禁止され、製革所が撤去されたほか、水牛をヤムナー川につれていくことや川での洗濯も禁じられました。 そして1998年、裁判所はタージ・マハル周辺の1万400平方キロメートルを、排出ガスが厳重に管理される「Taj Trapezium Zone」として設定しました。 しかし、インド政府が裁判所命令に従わなかったため状況は改善せず、汚染は以前よりもひどくなり、2018年になって再びMehta氏が裁判所に嘆願書を提出することになったわけです。 タージ・マハルの汚染は空気によるものに限りません。 タージ・マハルのそばを流れるヤムナー川は「世界で最も汚染された川」といわれています。 環境学者のBrij Khandelwal氏によると、デリーからアーグラにかけて存在する工場は化学物質や廃棄物を直接川に流しており、アーグラの都市排水管の約90%も何の処理もせずヤムナー川に排水を流しているとのこと。 このような状況で魚が生息することは不可能なので、川では魚が補食するはずだったハエや蚊、その他の虫が大量発生しているそうです。 そして、それらのフンによってタージ・マハルはさらに変色するわけです。 さらに、水の汚染だけではなく水位の減少もタージ・マハルに打撃を与える一因となっています。 タージ・マハルは180個の井戸と木台の上に立っていますが、これらは「年中水があること」を前提としています。 歴史家のProf Ramnath氏によると、ムガル王朝時代の建物の多くは川から離れた広場に建てられましたが、タージ・マハルは水を引くために、ヤムナー川のほとりに建てられました。 しかし、建設当時は多くの施設が川から離れた場所にあったものの、人口が増加した現代ではダムや用水路がヤムナー川に作られ、川の水量が減少。 水が減ってしまったために土台の木材が空気にさらされることとなり、乾燥してもろくなっているのだといいます。 タージ・マハル周辺の「タージガンジ」という区画はディーゼル車やディーゼル機器の使用を禁じられている場所の1つ。 タージ・マハル建設に携わった職人たちの子孫が暮らすタージガンジは、タージ・マハルの遺跡の一部だと見なされています。 当時の職人たちは子孫に技術を伝えたので、現代のタージガンジを生きる人々の中にもその技術を使い、タージ・マハルのレプリカを作って暮らす人がいるとのこと。 タージ・マハルを修復できるとすれば、技術を受け継いだタージガンジの職人しかいないのですが、政府の許可が下りないため、職人たちは修復を行うことができません。 一方で、「生きた遺跡」であるとされるタージガンジではディーゼルが使えない以外にも制限があり、老朽化が指摘されています。 タージガンジの先代の職人たちは汗や血を流しながらタージ・マハルを建設したにも関わらず、「その見返りは冷淡と、無視、無関心です」とタージガンジで暮らすSandeep Arora氏は語りました。 ホテルを経営するArora氏が部屋のトイレを修復しようとすると、許可を得るために政府に6通もの手紙を送らなければならないそうですが、一方で政治家や政府職員がタージ・マハルに来る際にはディーゼル車が使われることをArora氏は不満に思っているといいます。 このような状況を何とかするため、裁判所は市の委員であるK Mohan Rao氏に対してタージ・マハルとアーグラの遺跡の保全を委託しました。 Rao氏は用水路や家庭から出る大量のゴミの処理に取り掛かっているとのこと。 また、アーグラ全体のインフラを改修してアーグラをスマートシティー化する提案もあるそうですが、このような方法では市の遺跡が失われるのではないかという懸念もあります。 環境学者のKhandelwal氏はあくまで、タージ・マハルの周囲の建物や、19世紀後半にイギリスによって修復されたものを保存する形での計画を求めています。 また、ASIはタージ・マハルをフラー土で修復するプログラムを進めていますが、フラー土を使うと建物を砂嵐によるダメージに対して弱くするという指摘もあります。 そして何より、タージ・マハルの保全にはヤムナー川の復活とタージガンジの協力が必須だともいわれています。 by Simon 長年タージ・マハルの保全を訴えてきた Mehta氏は、建物の基礎が非常に弱くなっていることから「希望はほとんどない」とみています。 「裁判所の命令によって多くの機関がタージ・マハルの保全について調査を行い、報告書を提出しています。 裁判所も、命令に次ぐ命令をだしています。 残念ながら当局は真剣ではなく、私は年を取りました。 しかし、これからも戦いを続けていきます」とMehta氏は述べました。 外部サイト.

次の