茄子 の 栽培 方法。 なすの栽培方法・育て方のコツ(ナス科)

3本、4本仕立てで栽培したいナス|特集|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

茄子 の 栽培 方法

世界中には、1500以上の品種があると言われていますが~ 日本にも全国各地で様々な地方品種も個性豊かに、多彩に揃っているナスでもあります。 今年は・・ちょっと珍しい品種を探して~種まきしてみませんか? 日本では大きく「丸ナス」「中長ナス」「長ナス」の3種類に分類されていて、 現在日本の主流品種は、「中長ナス」の「千両」だと言われています。 4月下旬~5月中旬には、園芸店やHCでも手軽に「苗」が購入できますが、 一般的なものばかり。 珍しい品種や地方品種などはなかなか苗を入手することができません。。 正式名称は、「埼玉青大丸茄子」と言います。 一般的にはあまり見ることが無い非常に珍しい個性的なナスで、地方野菜の1つ。 <特徴> きんちゃく型の青茄子とはいいますが、青色ではなく緑色。 アントシアン系色素が無いので、果実が緑色になります。 大正時代、埼玉園芸試験場がこの青茄子と真黒茄子とかけ合わせた「埼交茄子」が 世界の交配種野菜の第1歩だとも言われているそうです。 1ポット1本が目安。 *発芽から1か月後、本葉2~3枚になりました。 <育苗管理> ナスは、タネまきから植えつけ苗に生長するまで80~90日が必要です。 また、乾燥には弱いため、保水力のある土で育てましょう 発芽から2ヶ月後。 <ナスの植え付け時期> 5月上旬~5月中旬頃 本葉5~6枚頃になったら~定植時期。 *ビニールハウスから出して、日中は外気に出し慣らしてあげましょう。 (天気の良い日は外気に出し、夜はまたビニールハウス、もしくは室内で管理) その後は~「わき芽摘み」と「支柱たて」「追肥」を行いながら育てていきます。

次の

3本、4本仕立てで栽培したいナス|特集|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

茄子 の 栽培 方法

ナス 茄子 の育て方!種まきの時期と方法は? 2~3月が種まきの適期です。 気温が高くなる4~5月までに充実した苗に育てていきましょう。 セルトレイに赤玉土 小粒 を入れ、各区画に1粒ずつ種をまいていく。 種が隠れる程度に土を被せ、上から軽く押さえる。 霧吹きやじょうろで静かに、たっぷりと水を与える。 土が乾かないよう水やりをして管理する セルトレイは土が乾きやすいので特に注意!。 本葉が2~3枚になったら、根を傷めないようそれぞれの苗を育苗ポット 3~4号 に植え替える。 苗を傷めないよう優しく水やりをしながら管理していく。 本葉が6~7枚になったら、鉢やプランター、地面に植え替える。 一般家庭では温度管理が難しいので、苗を購入することをお勧めします。 ナス 茄子 の育て方!苗植えの時期と方法 鉢植え・地植え別 ナスは4月下旬~5月が苗植えの適期です。 高温を好むので、気温が高くなってから苗を植えていきます。 1m以上に生長するので、鉢植えは10号鉢 直径30cm に1株、60cmプランターなら2株が植え付けの目安です。 容器の底に鉢底ネットと鉢底石を敷く。 苗を置いたら株の周りの隙間をうめて苗を安定させる。 植え付ける2週間以上前から土作りをはじめる。 幅60~80cm、高さ10~15cmの畝を作る。 土にたっぷりと水を与える。 表面を黒いマルチで覆い、60cm間隔でマルチに株を植える穴をあける。 苗を植える。 ナス 茄子 の育て方!土作り、水やり、肥料の時期と方法は? 土作り 鉢やプランターに植え付けるときは、市販の野菜用培養土を使うのが簡単です。 自分で作るときは、赤玉土 小粒 6:腐葉土3:バーミキュライトを混ぜた土に、苦土石灰をスプーン1杯くらい混ぜあわせます。 その土を1週間寝かせたら、肥料を混ぜあわせてから苗を植えていきます。 地植えは、植え付ける2週間前から土作りをはじめます。 土を深さ20cmくらい耕し、1㎡あたり100~200gの苦土石灰 手のひらいっぱいくらい をよく混ぜあわせておきます。 そして、1週間寝かせたら腐葉土や堆肥、肥料を土に混ぜ込み、畝を作っていきます。 水やり 乾燥に弱いので、土の表面が乾燥してきたら水やりをします。 夏は日中に水を与えると株が蒸れてしまうので、早朝や夕方など気温が低い時間帯に水やりをするのとよいですよ。 マルチングで乾燥を防いでいるなら、株元の穴からたっぷりと水を注ぎ入れます。 マルチングしている場合は保水性がかなり良いので、手で湿り具合を触って確かめてから水やりしましょう。 肥料 植え付けるタイミングで野菜用の化成肥料や堆肥を土に混ぜ込んでおきます。 そして、1番最初の花がふくらみはじめる5月下旬から10~15日に1回、株元に肥料を施していきます。 栄養不足になると、雌しべが雄しべより短く、白くなっていくので、状態はよく確認しておくと安心です。 ナスはお水も肥料もとても大好きな野菜ですので忘れることの無いようにしましょう。 ナス 茄子 の手入れや支柱立て、剪定の時期と方法は? 支柱立て ナスは草丈が最終的に1m以上になります。 そのため、支柱を立てて倒れるのを防いでいきます。 草丈が50cmくらいになったら、それぞれの株の横に1~1. 5mの支柱を立てていきます。 そして茎を数ヶ所麻ひもなどで8の字に結びつけていきます。 あまりきつく結んでしまうと、ひもが茎に食い込んでしまうので、適度に余裕をもたせることがポイントです。 株が育ってきたら、株の広がりに合わせて複数の支柱で支えてあげるようにしましょう。 剪定 最初の花が咲いてきたら、その花を挟んだ上下から出ているわき芽を1本ずつ残し、他の全てのわき芽を取り除いていきます。 主枝と勢いの強い枝2本を残して、3本仕立てにします。 ナス 茄子 の収穫の時期と方法は? 花が咲いてから15~25日経った頃から、実を収穫できるようになります。 最初の実は5~8cmほどと小さいうちに収穫し、その後は10~12cm以上になったら収穫の適期。 品種によって大きさが様々なので、育てている品種の特性に合わせて収穫しましょう。 最初の実を早めに摘み取ることで、株の栄養が温存され、収穫量が増えます。 気温の低い早朝に行い、実を傷付けないようにハサミで収穫します。 トゲが鋭いのでケガをしないように注意しましょう。 大きく育ててしまうと実が熟し中の種が硬くなって、おいしくなくなってしまいます。 実の表皮のツヤが無くなってきたら収穫遅れのサイン。 そうならないうちに収穫しましょう。 収穫したナスは、1つずつラップに包んで野菜室で保管すると水分が逃げません。 また、5度以下だと見が縮んでしまうので注意してください。 ナス 茄子 の栽培で注意する病気や害虫は? ナスには、灰色かび病や褐色腐敗病、うどんこ病が発生することがあります。 風通しと日当たりをよくすることで発生を防ぐことができますよ。 また、テントウムシダマシ、ヨトウガ、ハスモンヨトウなどの虫が付くことがあるので、見つけたら薬剤を散布して駆除します。 ナス 茄子 の育て方のコツは? ナスは、土作りとマルチングが上手に育てるポイントです。 ナスは、最も連作障害を起こしやすい植物で、ナス科の植物を育てた土では、病害虫の被害にあう可能性が急増します。 また、乾燥に弱いので、夏になる前にマルチングをして乾燥を防いであげると収穫量が減らずにすみますよ。 ナス 茄子 はじっくり時間をかけて栽培する野菜 「秋茄子は嫁に食わすな 」という言葉がありますが、文字のままだとおいしい秋のナスは、もったいないから嫁には食べさせるなという嫁いびりの言葉に思えますよね。 でも本当は、ナスは夏の野菜で体を冷やす作用があるので、嫁には食べさせるなという嫁の体を気づかっている言葉なんだそうですよ。 おいしい秋ナスを沢山食べるための一手間! 7月の終わりごろに、枝をバッサリと剪定してしまいます。 短い枝はそのまま残し、成長している枝は葉を1枚残してその先を切ります。 同時に、株元から30cmほどの場所に円を描くようにスコップを差し込んで根も切ります。 その後規定希釈した液肥をたっぷりあげてください。 数週間後、再生した枝からとてもおいしい秋ナスが収穫できますよ。 嫁も姑も関係なくみんなでおいしく食べましょう 笑。 栽培期間は長いので、ちょっと手入れの手間はかかりますが、楽しんでおいしいナスを栽培してみてください。 白色や緑色、長ナスや丸ナス、ミニナスなど、バラエティ豊かな品種があって、色々作ってみるのも一つの楽しみになりますよ。

次の

ナス(茄子/なすび)の育て方・栽培方法【春植え】

茄子 の 栽培 方法

種から育てることもできますが、苗の生育に日数がかかるため、苗からはじめるのが一般的です。 10月の終わり頃まで、長期間収穫し続けるので、しっかりとした良い苗を選ぶことがポイントです。 「接ぎ木苗」といって、丈夫な台木に接ぎ木をされた苗がおすすめです。 ナス栽培で準備するもの:肥料と支柱 地植えの場合は、土壌改良材として、たい肥や牛ふん。 肥料として、鶏ふんやボカシ肥料、そして、支柱となる竹の棒などを準備しておきます。 プランター栽培の場合は、通常のプランターよりも大きくて深い、菜園用プランターを準備します。 土は、通常の培養土で構いませんが、それに、鶏ふんかボカシ肥料を足して使います。 プランターの場合も、支柱が必要です。 ナスの植え付け ナスは、肥料と水が大好きな植物です。 植えつけ時に、しっかりと元肥を入れておくことが、最初のステップになります。 畑の場合、まず、たい肥や牛ふんをたっぷりとすき込んで土壌改良をし、鶏ふんや、ボカシ肥料などを株から20cmほど離したところにすき込んでおきます。 そして、苗は、60cm以上の間隔をあけて植えつけます。 プランターの場合、土壌改良は必要ありませんが、肥料をすき込んでおく作業は畑と同様です。 植え付けは、大きめの菜園用プランターなどを利用して、80cmくらいの幅のものに、2株が目安です。 苗を植え付けたときに、支柱も同時に立てます。 ナスは、通常、高さ・葉張りとも50cm以上になります。 そのようになった状態を想定して、2~3本の棒を苗の上で交差するように立てておくのが一般的です。 ナス栽培は手入れが大事 風通し良く、ナスの実が快適に生長できるような環境をつくってあげるのがコツ。 ナスの手入れで最も重要なことは、水を切らさないようにすること。 水が足りなくなると、皮が硬くなってしまったり、ひび割れが生じてしまったりしてしまいます。 それから、葉が茂ってきたら、黄色くなったものや弱っているものをこまめに取り除き、風通し良く保つことも大事です。 収穫は、実が小ぶりなうちに行うのがコツ。 夏のピーク時は、1日で倍くらいに生長しますので、「まだまだ」と思っている間に、巨大ナスになってしまいます。 夏の思いきった剪定が、充実した「秋ナス」を生む! 「秋茄子は嫁に食わすな」という言葉がありますね。 この意味は、実は三通りあるようですが、いちばん有名なのは、「おいしい秋茄子を、嫁に食べさせるのはもったいない」というもの。 それくらい、昔から魅力的な味だった秋茄子づくりにも、せっかくだから挑戦してみたいものです。 「秋ナス」といっても、別の品種を植えたりするものではなくて、この5月頃に植えつけた同じ株で、秋に収穫できる実のことを言います。 「秋ナス」を上手く作る秘訣は、夏に適度に休ませること。 ナスを育ててみるとわかりますが、あのような実を、毎日のように収穫することができます。 ということは、数週間経つと、植物自体も相当疲れてくるはずで、真夏の間も、そのペースで収穫し続けていると、植物の体力が秋までもたないのです。 そこで、思いきった剪定が必要となります。 7月下旬ころには、まだ実がつきそうな枝があったとしても、思い切って、半分くらいの高さまで剪定して、枝を整理します。 そして、株の周りを軽く 10cm程度 掘って、追肥を与えます。 そすると、徐々に樹勢が回復して、10月頃まで秋ナスを楽しむことができます。 ナス栽培ではパセリの寄せ植えもおすすめ ナスの隣に植える作物を選ぶとしたら、パセリがおすすめです。 パセリはナスの害虫を忌避し、ナスはパセリの害虫 アゲハチョウなど を忌避してくれる、コンパニオンプランツと呼ばれる関係にあります。 また、パセリは、日向よりも日陰で育てた方が、食味が良く、大きく茂るナスの根元などは、パセリにとって適度な環境といえます。 さらに、ナスは、土が乾燥するのを嫌いますが、パセリが根元に茂ってくれていることで、土の乾燥を防ぐことができます。 ナスを植えてから2週間以上経過し、根がしっかり張ってから、パセリを植えるようにします。 プランターでナスを育てる場合、直径30cmくらいの円形のプランターにナスを1株植え、その周りにパセリを3株ほど植える、「寄せ植え」方式にしても良いでしょう。 ナス科の作物と相性の良いコンパニオンプランツには、ネギ・ニラ・ラッカセイなどもあります。 テントウムシダマシは、28個の黒い斑点を持つテントウムシで、主に葉を食べますが、大発生すると、果実までかじってしまいます。 幼虫の時代は葉の裏に群生しますので、「様子が変だな」と思ったら、葉の裏を確認して、駆除するようにします。 家庭菜園におすすめの農薬についてはをご覧ください。 これと似たような症状で、ナメクジの食害もあります。 ナメクジは、夜中に活動するので、なかなか駆除しづらいということと、ナメクジ専用の登録農薬は、作物に直接散布できないものや、使用できる作物が限定されていることが多いので、家庭菜園では、使いづらいということが難点で、ナメクジの防除には、頭を悩ませている方も多いかと思います。 ニーム インドセンダン の顆粒を株のまわりに散布しておくと、ナメクジの忌避効果があります。 ナスに限らず、すべての植物に使うことができますので、おススメです。 【参考記事】• 【関連記事】•

次の